foursquareがオフィスを拡大中。新たな資金調達の目処が立ったということだろうか?

次の記事

バカ正直であれ:四十路に邪魔されないために

foursquareはまるで雑草のように蔓延りつつあるね、というのは共同創立者のDennis Crowleyの言った言葉だ。その言葉通り、彼らはオフィススペースも拡大しようとしている。これまでニューヨークに借りていたビルの上階も借りることにしたようだ。まあ当然の決断だろう。従業員も20名を超え、手狭になっていたわけだ。ただ、いったい賃料はどこから出てくるのか、気になるところではある。

これまでに得た、ないしこれから調達する予定のファンドを利用するというのは考えられる。しばらく前、Andreessen Horowitzが大流行のfoursquareに資金を注入する権利を得たという話を聞いた。従業員も増え、オフィススペースも拡充しようとする中、foursquareがより多くの資金を必要としているのは間違いない。これまでのところでは去年の9月に$1.35M(135万ドル)の少額ラウンドでの資金調達を行っているだけだ。

尚、foursquareは多くのビッグブランドとも提携を行っており、利益をもたらすものもある。しかし聞き及ぶところでは黒字化にはいたっていない。

ここ数カ月にあたって、Yahooとfacebookが買収を視野に入れてfoursquareに接近していたらしい。マイクロソフトも興味を持っているという話もあった。しかしどうやら売却よりも資金調達の手段を戦略として選択したようだ。成長自体については疑う余地もなく、現在は1週間に10万ユーザを獲得しているようだ。

Crowleyにはfoursquareお得意のバッジか何かで賃貸料を立て替えるつもりなのかと尋ねてみた。今のところ、まだ返事はない。

Update from Crowley:「なんでわかったんだ? 加えてお昼休みには技術者達を動員して、地下鉄でM&Mなんかを売らせるつもりさ」。

なるほど、その手もあった。

Crowleyが公開した改装中の新オフィスの様子を掲載しておこう。

[photos: flickr/dpstyles]

原文へ

(翻訳:Maeda, H)