ulv
green

日本発、次世代ミニ電気自動車 ULV(ビデオあり)

次の記事

中国の100を越えるGrouponクローンを解き明かす

電気自動車の開発に対する関心が、ここ数ヵ月で急激に高まってきたようだ。ここ日本では。東京の早稲田大学の研究チームがULVを開発した。数々の特長を持つ1人乗り電気自動車だ。低価格、軽量(72.6kg)に加えて走行距離(80km)もかなりのものだ。

狙いは、自動車よりもバイク感覚のコンパクトカーを作ることだった。開発者たちによると、このULV(Ultra Lightweight Vehicle[超軽量車])は充電に4時間必要だという。1回の充電コストはわずか$0.40で、トヨタのプリウスより1キロメートル当たり10分の1以下の費用だ(もちろんプリウスの方がずっと大きい)。

ミニカーの動力源は400ワットのモーターで、最高時速40kmで走ることができる。早稲田大学ではカスタマイズ版のULVを、小規模事業主、広告業者、イベントオーガナイザー、その他ターゲットグループ向けに提供している。

ULVの詳しいビデオはこちら[解説は英語、インタビューは日本語]。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)