o’reilly alpatech ventures
Ben Horowitz

Foursquare、シリーズBラウンドで$20Mの資金を調達完了

次の記事

Android 2.2(Froyo)、ついに全Nexus One利用者を対象にネットワークアップデートを開始

地理情報モバイル系のスタートアップで出資か買収をしようと誰もが試みたFoursquareが、シリーズB資金調達ラウンドを正式に完了した。役員のBryce Roberts 言うところの「世界中に響きわたる送金」$20M(2000万ドル)によって、同社の投資前企業価値は$95M(9500万ドル)となった。以前報じた通り、ラウンドをリードしたのはAndreessen Horowitzで、既存の出資者であるUnion Square VenturesとO’Reilly AlphaTech Venturesも参加した。

CEOのDennis Crowleyによると、資金調達は「苦労の連続」だったといい、この資金を元に、スタッフの充実と継続的なサービスの追加を計画している。「新商品を量産できるチームを作ることがすべて」と同氏は言う。「過去10年間そういうものを考えてきて、今ついに全部を作るチャンスが来た」。資金は事務所スペース拡張にも使われる。現在27名の従業員にとって、すでに同社のニューユーク事務所は狭すぎるので、近々、同じビルの上階の新しい事務所に引っ越すところだ。「すばらしい。たった今上階で工事しているのが聞こえる」と彼は言う。さらに多くのエンジニアを雇う予定だ。

資金調達過程の全貌も明らかにされた。Crowleyが昨年春に出資希望者を決めようとしていた時、Yahoo、Facebookから買収の打診があった。VCとの契約は一時棚上げされた。しかし、Andreessen Horowizsはこのやり方に振り回されていると感じてパートナーのBen Horowitzが公開の場ではっきりと入札から「降りる」ことを宣言した。その結果は非難を欲びただけだった。そして今Horowitzは、もちろん出資したと言っている。Foursquareには「優れたファウンダー兼CEO」と「キラー商品」があり、「超巨大市場」を追い求めている。Horowitzは特にCrowleyに関して、投資したいと思わせるリーダーシップ形質があることを見抜いている。「製品ビジョンを任せられる」CEOであると。

もしYahooに売却していたら間違いを犯すところだっただろう。Facebookの方が面白かった。いずれにせよ、Foursquareは今のところ自立しており、目標の異なる大きな組織に邪魔されることなく製品を開発できる。ただし、Marc AndreessenはFacebookの役員にも名を連ねているので、その道も完全に断たれてはいない。

Foursquareをひとりにしておくことで、わが道を見つけさせることができる。自分の位置情報を友人たちと共有するこの地理チェックインサービスは、順調に成長を続けていて毎日1万5000人のユーザーを増やしている。現在登録ユーザー数は180万人に上るが、この4月にはわずか100万人だった。良く出来たものをいじくることはない、後で買えるのだから。

Horowitzは、Crowleyが後でFacebookにたどり着くためにHorowitzを選んだのでは、という説を無視した。「それは考えすぎだ」と彼は言う、「DennisはMark Zuckerbergを直接知っている。われわれやMarc [Andreessen]を使う必要がない。彼らがわれわれと組む理由は、私が信じる限り、優れた製品から優れた企業へと変わるためにわれわれが手助けになると、彼らが考えたからだろう。」

M&Aの交渉から手を引くのは簡単ではない。「本当に胃も頭も痛くなる決断だ」とHorowitzは言う。「彼らが手を引こうというのは ― 優れた会社を作るために多くの人々が資金を用意して集まったところ ― なのだから、それは大いなる勇気が必要だ。

Foursquareを、大金を稼ぐ大会社にすることに関して、Horowitzは「収益化」のチャンスは「非常に明白で単刀直入」だと言う。Foursquareが一定の規模になれば、企業から金を集める方法はたくさんある。「一番来店の多い顧客を知るために金を払うか」「恐らく」とHorowitzが自問する。むしろ大きな問題は、どうやってFoursquareのユーザー数を今の200万人弱から数千万人へと引き上げるかだ。

Foursquareの価値は位置情報ではない、それはいずれ「あらゆるサービスの一機能となるもの」だとHorowitzは考えている。真の価値は、知人や行く先々の場所がみんなFoursquareに入っているようになった時に起こり始めるネットワーク効果だと指摘する。別の言い方をすれば、Foursquareで重要なのはチェックインだけではない。単なるスタート地点である。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)