ニュース

家族が死んだらオンラインでやることは何?–1000Memoriesにその優れた例を見る

次の記事

エンジェル投資家ってどうやってなるの?–Y CombinatorのAngelConf 2010が教えてくれる

家族が亡くなる。しっかり者のあなたは、親戚や友人たちに通知し、斎場に手続きをして火葬をしてもらい、そのほか、やるべきことはすべてやる。地方紙のあるところなら、死亡記事を載せてもらうかもしれない。でも、今のわれわれの文化がまだ作り出していないのは、故人をオンラインで記念するやり方だ。人生のある時点以降は、身の回りで亡くなる人が増えてくる。Googleなどの検索エンジンは、故人を検索するオプションを今後必ず加えるだろう。インターネット上に、生きている人よりも亡くなった人が圧倒的に多くなるのも、時間の問題だ。

Legacy.comは、新聞と提携して死亡記事のページをオンラインサイトにし、故人を記念するが、料金の取り方がなんとなくいかがわしい。また、ベンチャーが支えているRespectanceなどは、遺族から金を取ることにはがつがつしていないが、サイトのデザインが古すぎるし、やはり、どことなく後味の悪さが残る。

今日(米国時間7/9)立ち上がる1000Memoriesは、Y Combinatorが投資している新しいサービスだが、故人の尊厳をオンラインで表現しようとする。1000Memoriesは、デザインをとても重視している。たとえばこの例は、一人のファウンダの大叔父をたたえるサイトだ。

訪問者はまず、故人の大きな写真に迎えられる。それはたぶん、彼の心と人柄をもっともよく捉えている写真だ。そのあと、一人の読者としてサイトのあちこちを容易に訪ねることができるし、ゲストブックに記帳もできる。ほかの人を、そのページに招待することもできる。

しかし、各サイトを本当に豊かにするものは、遺族がそのサイトに加える記事画像だ。アホな記事や写真もある。思わず涙が出てくるのもある。でもそれらすべてが、故人の写真への肉付けとなり、家族や友人たちの記憶をより豊かにする。プロジェクトのコーナーもある。それは、故人のために献灯をするとか、故人にふさわしい目的をもったファンドを設けるなど、ささやかなものだ。

いちばん良いのは、サイトに対して課金をしないことだ。彼らは単純に、金を取るのは良くない、と考えている。ビジネスモデルは、これから考える。たとえば故人の記念誌を制作印刷して、それは有料で売るとか。

故人の記念サイトそのものから儲ける必要はない、と彼らは考えている。それにサイトの永代維持費も、ユーザに課金するほどの額ではない。私が無常の世を去って150年ぐらい経ったとき、オンラインのどこに記念されているだろうか。そこが、家族から金をふんだくるだけの場所ではなく、1000Memoriesのような、静かで晴れやかな場所だといいのだが。このプロジェクトはいいね。ぜひ、成功してほしい。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))