ニュース
stocktwits
OpenBook
eToro(企業・サービス)

eToroが'ソーシャルな商品取引'OpenBookを開始–ワンクリックで他人の取引を追随できる

次の記事

環境意識の高まりの中、実用用途としての飛行船復活の可能性はあるか?

通貨取引や商品取引をしない人は(そんな人いる?)、eToroを知らないかもしれない。本誌は同社がスタートした2007年に取り上げたが、商品取引を”楽しい”ものにするという彼らの目標には、危うさを感じた。でも同社は今日まで長生きし、サイト上の取引総額は$100B(1000億ドル)超え、調達資金総額は$10M(1000万ドル)を超えた。これでは、楽しいにきまってるね。

しかしeToroは今度から、”もっと楽しく”を目指す。同社は今日(米国時間7/12)、OpenBookという新しいプラットホームを発表した…商品取引のためのTwitterやFoursquareだ。ユーザは、実際に自分が行った取引をこのプラットホームで公開する。するとほかのユーザは、その取引の経過記録を見てフォローしたりする。まったく同じ取引をするのなら、ボタンをワンクリックするだけだ。

相当馬鹿馬鹿しいと思えるけど、でも実は、StockTwitsが株取引でこのやり方を成功させている。しかも、eToroとStockTwitsは、似たものサイトだ。それも当然、StockTwitsのファウンダHoward LindzonはeToroに投資している

eToroは初心者が商品取引を勉強するのに良い場所だ。仮想通貨による模擬的な取引や、とても小額の取引もできる。しかも一方では、高名なトレーダーたちがどんどん参加して、自分のやり方を公開し共有している。

OpenBookを試してみたい人は、openbook.etoro.comへ行こう。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))