Apple、金曜に特別プレス会見を準備―テーマはおそらくアンテナ問題

次の記事

[jp]「ロケタッチ」でライブドアが位置情報サービスに参入

Appleが今週の金曜にiPhone 4に関する特別記者会見を実施するという話が聞こえてきた。読者もたぶんあの問題関連だろうと見当をつけたことだろう

Appleの公式ブログThe Loopの発表は「iPhoneに関してカリフォルニア州内で金曜午前中に実施される」というだけ。現在少数のプレスが招待されたと伝えられる。アップデート: われわれのところにも招待が来た。太平洋時間午前10時からライブ・ブログする予定。

誰もが注目しているのはAppleがアンテナ問題でiPhone 4をリコールするかという点だ。アンテナ設計の欠陥による受信感度の大幅低下という問題が存在するのは事実と判明している。しかしわれわれはリコールという事態はまず起こらないだろうと予想している。とはいえ、Appleが土壇場になって突然プレス会見を開くなどという例はおそろしく稀(というか、私の記憶ではこれが初めて)だ。発表する内容がさして重大なことでないのならプレスリリースを流せばすむことだ。

とにかくここまで騒ぎが大きくなってありとあらゆる憶測が飛び交うようになってしまっては、Apple(特にCEOのSteve Jobs)としても事態を鎮静させるために何か話をせざるを得ないと考えたのだろう。AppleはJobsがケースを買うか持ち方を変えろと言ったと伝えらる他にこの件に関して基本的に沈黙を守ってきたために強く批判されている。

今朝(米国時間7/14)、AppleはiOS 4.1のベータ版を公開した。姉妹サイトのMobileCrunchの記事によると、新しいOSはアンテナ問題の解決にはまったく寄与しないという。ただし、Appleが事前に説明していたとおり、信号の受信強度をより正確に表示するようにはなっている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01