ニュース
recruit
pomparade
ポンパレード

[jp]リクルートが「pomparade」でいよいよGrouponレースに参入

次の記事

Apple、金曜に特別プレス会見を準備―テーマはおそらくアンテナ問題

一部ではウワサとなっていたが、いよいよリクルートがGrouponレースに参入する。サービス名称は「pomparade(ポンパレード)」で7月21日12時にサイトがオープンする。

米国ではGrouponのひとり勝ちで、2010年には収益が推定で3億5,000万ドルのこのクーポン共同購入型サービスには、日本ではPikuがサービスをスタートさせ、いまでは10程度のサービスが立ち上がっている。このレースの本命になるのではと見られていたのが、リクルートだったが、実際に市場に参入することとなった。リクルートによれば4月ぐらいに事業を検討し始めたというのだから、国内のGrouponレースが始まりだした時期と重なる。

ポンパレードも他のGroupon類似サービスと同様に、1都市1日1社のクーポンが販売され、共同購入で一定数購入されればそのクーポンが成立する仕掛けとなっている。

リクルートがこのレースの本命と見られていたのは、ホットペッパーやじゃらんなど地域のレストランやレジャー施設とつながりがあるメディアをもち、全国に数千人の営業担当者を配置させているところだ。実際にポンパレードのクーポン開拓の店舗営業にはこれらの営業担当者が動くのだという。

またクーポンを購入するユーザー獲得には、他の国内Groupon類似サービスのようにTwitterのようなソーシャルメディアも活用するが、リクルートがもつメディアからの集客も活用するという。たとえば、メールマガジンなどはすべて合わせると数百万規模のユーザーに配信しているものが複数あるというが、その中にポンパレードの誘導を設けていくとしている。

スタート時は東京版ということで、首都圏のユーザーを対象にしているが、今後は全国の都市に展開する。ただ、どういう範囲で地域を区切るかはサービスを開始させたあとで検討するという。また、店舗がリクルートに支払う手数料については、現在は未定だが商材や街のサイズによって変わっていくだろうが20パーセント前後を考えているようだ。

以上のように、明らかにされていることからは他のGroupon類似のサービスとはっきりとした差別化されたものはないのだが、商材の開発については、リクルートがもつポテンシャルはかなり高い。

「ポン」にこだわり過ぎた名前はリクルートらしくなく今ひとつで残念だが、このレースに参加している企業から見えば、強力なライバルが登場したというのは間違いないだろう。果たしてポンパレードはGrouponレースの覇者となりえるのだろうか。