ワールドカップ閉幕:Twitter史上、最も注目を集めるイベントとなった

次の記事

私がiPadを売ってしまった理由

あっという間に時間が経つようにも思えるが、ワールドカップが終わったのはつい先日のことだ。Twitterの社員たちはきっと眠れない夜を過ごしていたに違いない。ワールドカップのせい(おかげ)で未曾有のトラフィックが生じ、サービス停止となってしまったり、他にもさまざまな問題が生じたせいだ。ただ、ワールドカップのおかげで「記録」も生じることになった。Twitterが公開したブログ記事によれば、ワールドカップの決勝は史上かつてないほどの盛り上がりを見せた。ゲームの最後15分間は毎秒2,000以上のツイートが発せられ、スペインが決勝点を入れた際には秒間3,051ものツイートが流れることとなった。

Twitterの分析およびレリバンスチームは、ワールドカップ中における発言数を図にまとめて発表している(各国旗は、国名ハッシュタグを付けて行われたツイート数を示している)。図は上に掲載している(クリックで拡大)。

また、ワールドカップ中には次のような記録も生まれた。

  • 決勝戦の際、172ヶ国の人が27の異なる言語でツイートしていた。
  • 決勝ゴールの瞬間、81ヶ国の人が23ヶ国語でツイートしていた。この瞬間に投稿された発言は画像にもまとめられている。

※ 訳注:上の「画像」は各国のツイートをタグクラウド化したもの。日本語も表示されている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)