ニュース
Twitter / ツイッター(企業)

Twitterのフォロワー通知メールが見やすく便利になった

次の記事

直流/交流コンバータで太陽光発電の応用範囲を広げるEnphase Energy、外出先から室温制御の行えるサーモスタットを発表

Twitter上で誰かがフォローしたときに送られてくるメールが新たな形式となり、従来よりはるかに有益なものとなった(訳注:記事は英語版に基づいていますが、日本語版も同様にアップデートされた様子)。Twitter上を検索してみると、新形式になったことに言及している利用者が大勢見つかる。

新たな形式は見やすいだけでなく、新たにフォローしてきた人の現在地情報や自己紹介文も掲載されている。こうした情報があることで、相手がスパマーなのかどうかを見分けることもできる。またメールの中から@で返信を送信したり、ダイレクトメッセージも送れるようになっている。また相手がどれだけのリストに掲載されているのかの情報も表示されている。以前の形式に比べて便利になったことは誰もが認めるところだろう。

通知メッセージの改善はダイレクトメッセージの通知でも行われるのではないかと踏んでいる。Twitterは5月にも通知メッセージの改良を行っており、その際に「自己紹介文も掲載されていれば便利だ」との指摘を行っている。今回の改良では、Twitterが提案を採用してくれた形になっている。

ついでながら提案させてもらうと、以前の記事のコメントにもあるように、当該利用者の相互フォローの割合なども表示されていると便利だと思う。

Hat tip to Jeff Epstein.

原文へ

(翻訳:Maeda, H)