Yelp、Groupon対抗に備え地域特典の試行を開始

次の記事

Google PlacesはYelpと競合するだけではなく、そのためにYelpのコンテンツを使っている

どうやらYelpが、地域特典サービスのブームに乗って一儲けしようとしているようだ。特典アグリゲーター、YipItの人たちが気付いたところによると、Yelpは最近一部のパイロット地域で、時間限定の地域特典を試行しているらしい。

証拠は6月23日から始まるコメントスレッドの中にあり、あるYelpユーザーがPapillonサロンの$45のサービスが$20になる特典を見つけた。そのユーザーによると、特典はYelpを通じてクレジットカードで買うことができるという。Yelp従業員のOlivia L.がレスポンスして曰く、Yelpは「どんな反応があるか興味本位で試している」とのこと。

これは明らかにGrouponを筆頭に一群をなす他の特典サイトと競合するサービスだが、果たしてYelpがグループ購入のしくみをテストしているのか、単に期間限定で特典を提供しているだけなのかは不明だ。本誌ではYelpに詳細情報を求めている(加えて、試行がまだ続いているかの確認)。Yelpの確立したユーザー基盤を考えると、これは同社にとって完璧に理にかなっている ― 今後本格的に広げていかなければその方が不思議だ。

アップデート:Yelpから声明が届いた。

確かにSacramento市で短期の試行を行いました。弊社は常に新しいものをテストしており、すばらしいお店の特典に対して、ユーザーから好い反応があればもちろんそれをお届けします。

消費者を、すばらしいお店やすごい特典と繋げるマーケティングプログラムは、過去弊社でよい結果を出してきました。ここ数年、全米にわたっていくつかのマーケティングプログラムを実施してきました。(下のリスト参照)。ちなみに今PortlandではYelp Drinksを実施しています。

例:
Yelp Eats(1週間限定で、弊社がレストランを選び特別プリフィクスメニューを提供)
Yelp Drinks(地元のバーでドリンクの特典を提供するプロモーション)
Hawt on Yelp(1週間限定、スパ利用50%オフスペシャル)

Yelp関連のニュースでは、今日Googleが、Yelpの地域レビューディレクトリーと直接競合するAndroid向けの新しい Placesアプリケーションを公開した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)