プログラムレスでiPhone、Androidアプリが作れるMobile Roadieにプロ版登場

次の記事

[jp]ペイパルが日本市場での成長戦略を発表ーーまずはEC市場の強化から

Mobile Roadieは誰でもプログラムレスでiPhoneAndroidアプリが作れるプラットフォームだが、このほどベーシック版より多様なカスタマイズが可能なMobile Roadie Proをローンチした

Mobile Roadie Proでは、ユーザーはアプリにさまざまなクリエーティブなコントロールを付け加えることができる。新たにカスタマイズが可能になったのはメニューのレイアウト、色彩、ボタン、フォントなどだ。ユーザーによるウェブ検索、ランドスケープ〔横置き〕モードもサポートされた。ベーシック版の機能はすべて維持され、YouTube、Brightcove、Flickr、Twitpic、Ustream、Topspin、GoogleNews、RSS、Twitter、Facebookを始め、多数のソースからのコンテンツの取り込みが可能になっている。

Mobile RoadieはこれまでラスベガスのHotel Wynnなど有名ブランド向けアプリを開発してPro版をテストしてきた。Wynn向けのアプリでは、ユーザーはホテルの部屋の写真を見て部屋を予約したり、レストランのメニューを見て席を予約したりできる。また付近のナイトライフ、ショッピング、エンタテインメントの情報も検索できる。

Mobile Roadie Proは登録時のセットアップ料金が$499、その後$29の月額会費を支払う必要がある。Mobile Roadieでは「ユーザーにはプログラミングの知識はまったく必要ない。誰でも30分でアプリが作れる」としている。またMobile RoadieのCMSはiPhoneアプリとAndroidアプリを同時にアップデートsる。プッシュ通知機能を利用して、顧客が店舗の半径1マイル以内に来たらポップアップするメッセージを携帯に送信することもできる。

まだ若いスタートアップだが、Mobile RoadieはTaylor Swift、Madonna、Live Nation、Levi’s、Twilight、VeraWangなどすでに多数の有名ブランドやセレブがこのプラットフォームを利用している。Mobile RoadieはまたSeesmicのファウンダーでフランスを代表する起業家であるLoic Le Meurと妻のGeraldineが主催するヨーロッパで有力なITカンファレンス LeWebの公式iPhoneアプリも開発している。Mobile Roadieはこのカンファレンスで大評判となった。Mobile Roadieは最近、大手出版社のRandom Houseと提携して著者向けのiPhoneアプリの開発に協力している。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01