ウェブページ制作ツールを提供するWeebly、ブラウザ内でドラッグ&ドロップ画像編集を行うImagePerfectを提供開始

次の記事

[jp]米国著作権局発表のJailbreakの合法性が話題に――先週の人気記事ランキング(7/26〜8/1)


ドラッグ&ドロップで簡単にウェブサイトを作成できるサービスを提供しているWeeblyが、新たに面白い機能をサイトに付け加えた。ImagePerfectというもので、クリックするだけで簡単に素敵なヘッダ画像を作成することのできる画像エディタだ。これはPhotoshopキラーになるようなものではない。しかし十分に魅力的なサービスだ。たとえばWeeblyのCEOであるDavid Rusenkoは、上に掲載しているムスタングの画像をわずか1分で作成したとのことだ(つまり使い勝手が非常に良いということだ)。

もちろん、ブラウザを利用する画像エディタはこれまでにいくつも発表されている(AviaryやGoogleが買収したPicnikなどが有名だ)。しかしこのWeeblyのサービスは、従来のサイト作成サービスとうまく統合されているのが魅力だ。画像を編集する際に別ウィンドウで独立して行うのではなく、ウェブの他の要素とのバランスを確認しながら行うことができるようになっている。

Rusenkoによれば、自社開発を行う前に他の画像エディタもいろいろと見てみたのだとのこと。しかしWeeblyとシームレスに統合できるものが見つからず、それで結局開発するに至ったのだそうだ。他の画像エディタに比べて高機能というわけでもない。しかし一般的な用途には十分耐える機能を持っている。たとえば透明度設定、グラデーション、文字や画像に加えるオプション、レイヤー、その他のエフェクト機能を搭載している。編集する元画像はFlickrからもインポートでき、PCの画像やURLによって指定する画像を開くこともできる。ツール自体はFlashを使って作成されているが、作成した画像は標準のJPGファイルで、Weblyのサイトですぐに利用することができる。

現在のところImagePerfectはヘッダ画像の編集のみをターゲットとしたサービスだ。しかしRusenko曰く近く他の用途でも使えるようにしたいとのこと。またヘッダ作成用のテンプレートも提供予定だとのことだ(ImagePerfectを使って各利用者が編集することができる)。画像をいろいろと入れ替える機能も間もなく提供開始するとのことだ。

Weeblyの現状を記しておこう。Rusenkoによれば、現在400万以上の登録利用者がいるとのこと。そしてWeebly上のサイトを月間2250万のユニークビジターが訪問している。またWeebly for Educationや、ホスティングサービスプロバイダと行っているEnduranceのサービスも好調だという話だ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)