Blippyの404ページは最高にビューティフル(でも, どういう意味?)

次の記事

史上最若のVC獲得?–19歳のBrian WongがTrue Venturesから資金を調達

404のページ(ページやサイトが見つからないときに出るエラーページ)*が、アートになってきたようだ。ユーモラスなエラーページは、それだけで話題になるからね。クレジットカードによる買い物履歴をお互いに公開しあう、ユニークなソーシャルサイトBlippyの404も、これからきっと話題になるだろう。〔*: WebのプロトコルであるHTTPがそのとき返すエラーコードの値が404なので。〕

ご覧のように、Blippyの404ページは、見事な虹が主役だ。これは二重虹(double rainbow)ではなくてふつうの虹だが、かわいい一角獣(ユニコーン)の子どもは、それを期待しているようだ。彼は、”これ、どういう意味…“とつぶやいている。

そこで、彼をクリックすると、何が起きるか…

完全な二重虹だ!

またクリックすると…

すごい、三重虹だ!

ところで、いちばん有名な404ページはTwitterのFail Whale〔仮訳: 失敗鯨〕だと思っている人が多いだろう。でも実はあれは、404エラーではない。技術的には、503: Service Unavailable(サーバの休止)のエラーだ。Twitterの404ページは、下のように、かなりそっけない。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))