loiloscope
loilo

派手なHDビデオ編集ツール、LoiLoScopeにオンライン共有機能が付いた

次の記事

メール送信者のプロフィール情報等を表示するGmail PluginのRapportiveが$1M以上を調達。出資者はGmail生みの親であるPaul Buchheitなど多数

ウェブ上にビデオ編集ソフトは山ほどあるが、日本のスタートアップ、LoiLoが作ったLoiLoScopeというプログラムには、他と一線を画す要素がいくつかある。

LoiLoScopeは日本の市場以外では殆ど知られていないが、見た目はビデオ処理ツールの中でもかなり派手な方で、機能も山ほどあり(少なくとも有料/フルバージョンでは)、使い方も簡単だ。ソフトウェアは英語、中国語、日本語、ドイツ語をはじめ16ヵ国の言語で提出されている(システム要件

しかし、最大のウリはそのスピードで、Intel、NVIDIA、ATiのGPUを使った編集およびエンコーディングをサポートすることにより、CPUの負荷を軽減している。LoiLoによると、LoiLoScopeは「世界最速のビデオ編集ソフトウェア」であり、CPUだけに頼る編集ソフトより最大10倍速いという。

フルHD解像度の映像をリアルタイムで編集できる。ビデオをトリミング、結合、リサイズし、そこにグラフィック、アニメーション、テキスト、写真、音楽などのエフェクトを ― その場で ― 追加できる。ビデオ(および他のメディアファイル)はすべて、「LoiLoScopeメディアブラウザー」から制御することが可能で、DVDに焼いたり携帯電話、iPodなとのデバイスにプログラムから直接転送したりできる。しかも、これらはLoiLoScopeが提供する機能のごく一部でしかない(全機能は、このページをスクロールすると見られる)。

私はこの分野の専門家でも何でもないが、使ってみたところLoiLoScopeはかなり強力なビデオエディターのようであり、UIは簡単でゲームのように感じた。

この最新バージョンには、オンラインでビデオを簡単に共有するための機能が山ほど入っている。例えば、写真やビデオをFacebookに一括アップロードしたり、Vimeoにアップロードしたパスワード保護付きHDビデオを友人を選んでメールで共有することができる。YouTubeにアップロードしたビデオのリンクはTwitterおよびFacebookに自動的に投稿されるようになった。

このビデオクリップでは、LoiLoScopeの主な機能の概観が見られる(ただし新しいオンライン機能の宣伝はない):http://www.youtube.com/watch?v=VkUzKV1eptM&hd=1

Windowsユーザーはこのソフトを試してみるべきだ。有料版(Super LoiLoScope、$88)は、30日間の無料トライアル期間が過ぎると機能限定版LoiLoScopeになる。タッチコントロール付きのLoiLoTouch(最もクールなバージョン)はWindows 7用に$118で販売されている。

LoiLoでは、TechCrunch読者アンケートに協力してくれた先着30名の読者に、フルバージョン(Super LoiLoScope)を無料で提供している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)