Bill Gatesは「穴」にとらわれている, そう, 穴ですよ穴!

次の記事

Healthcare.gov立ち上げ秘話: Twitterでつぶやいた無名の人物をホワイトハウスはサイトデザインに起用した

カリフォルニア州Lake Tahoeで行われたTechonomyカンファレンスを締めくくる大トリとして、Bill Gatesが登場、Brent Schienderがインタビューした。カンファレンスのメインテーマはテクノロジの未来だが、とくに経済的な側面を重視している。Gatesは饒舌だったが、内容はたぶん誰も想像しなかったものだ。彼は今、「穴」に執着している。まさに文字どおり、穴に。

掘り込みトイレはすばらしい“、とGatesは言った。話し方はややジョークっぽいが、しかし真剣だ。最近は掘り込みトイレに関する本を、たくさん読んだそうだ。”誰も勉強しようとしないが、投資家が見向きもしないものの中では、偉大なものの一つだ“、とGatesは言う。

もうじき、掘り込みトイレの時代が来る“、彼はこう続けた。水洗トイレが世界標準になっているが、あれはまったく効率が悪い。あれを廃止する運動を、興すべきだ。

彼は、読んだ本の名前をいくつか挙げた。その一つは、「Water and Sanitation」(水と公衆衛生)だ。”どぎついタイトルだね“、とGatesはジョークを言った。”掘り込みトイレは、最大級に重要なテーマなのだ“、とGatesは繰り返す。”貧しい世界の掘り込みトイレを見て、そこから学ぶのもいい“、これはジョークのようだ。

Gatesは本当に、これについて真剣に考えている。会話のあとのほうで教育について触れたとき、”新しいトイレへの投資ともなると、現状はとてもさみしいね“、とトイレの話を再び持ち出した。

話題がトイレになると、みんなIQが低くなるね。”

いやまったく。

〔この同じインタビューでGatesは、ビル・ゲイツ曰く「5年以内に最上の教育はウェブからもたらされるようになる」と、従来の施設中心型の高等教育の非効率、コストパフォーマンスの劣悪さ(不必要に高くつきすぎる)を指摘している。(参考: 最近のイギリスのOpen Universityの例)〕

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))