mark papermaster
bob mansfield

iPhone 4アンテナ問題の渦中、Appleのハードウェア責任者が離職

次の記事

計画の旅, 実際の旅, そして架空の旅, 地図上で対話的/視覚化な旅程作りを楽しめるTripline

2008年11月、AppleのiPodおよびiPhone担当シニア・バイスプレジデント(SVP)、Tony Fadellが「個人的理由」により辞任した。当時このことはAppleにとって大きな痛手であると思われた。それはFadelが、いずれSteve Jobsの後任としてCEOになるべき人物の数少ない候補の一人だったからだ。しかしAppleはすぐに確かな代わりを見つけたMark Papermasterである。しかし今、あれから2年もたたないうちにPapermasterも去ることとなった。今日(米国時間8/7)New York Timesが報じた

Papermasterの退社について正式な理由は公表されていないが、興味深いタイミングであることだけは間違いない。Papermasterの正式な役職はデバイスハードウェア・エンジニアリング担当SVP ― その意味はおわかりだろう。iPhoneハードウェアの責任者である。このハードウェアが、発売以来アンテナ問題のために厳しい監視の目に曝され続けていることはご存じの通りだ。

AppleのMacハードウェア担当SVP、Bob MansfieldがPapermasterの後任となることが、AppleからNew York Timesに正式に伝えられた。たしかにPapermasterの名前はすでにAppleの役員ページから消えている。MansfieldがすでにiPhoneのハードウェア設計に深く関わっていることから、この選任はうなずける。

Papermasterの辞任が特に興味深いのは、同氏の獲得にあたりAppleがかなりの力を入れていたことである。Appleは、当時IBMのマイクロプロセッサー担当VPだったPapermasterを引き抜いた。同氏の新役員就任を発表した直後、IBMはPapermasterがAppleで働くことを禁止するよう訴訟した。2008年11月、裁判所は直ちにPapermasterにAppleでの職務を停止するよう裁定を下した ― 就任からわずか数日後のことだった。

IBMによると、Papermasterとの契約には、IBM退社後1年以内に競合他社で働くことを禁止する条項があったという。Appleは、同社は直接の競合ではないと主張した。翌年1月に裁判は決着したが、Papermasterは2009年4月末までAppleで職につくことが許されなかった

しかも、条件の一つとしてPapermasterは、IBMの機密情報をAppleに渡していないことを証明するために、裁判所に複数回報告しなければならなかった。このすべてを踏まえても、Appleが彼の25年にわたるエンジニア経験に価値を認めていたことは明らかである。そして今、職務開始からわずか1年あまりで、彼は会社を去った。実に奇妙である。

繰り返すが、AppleはこれがiPhone 4アンテナ問題と関係していることを認めていない(Papermasterが解雇されたのか本人の意志で辞めたのかも不明)。しかし、iPhone 4のアンテナ問題に関する先月のAppleの記者会見に、PapermasterではなくMansfieldが列席していたことは注目に値する。iPhone 4のハードウェアを初めてお披露目した時のビデオに出ていたのもMansfieldでありPapermasterではなかった。

アップデート:関連して。Appleのデバイス試験施設を見学した際(そこにはMansfieldではなく、Papermasterがいた)、iPhoneは発売のまる2年前に試験されるということを聞かされた。これは、iPhone 4がPapermasterがAppleに来る前に試験されたことを意味する。ハードウェア製造の最終決定がいつ下されたのかは不明だが、Papermasterがあのデバイス自体の製造に殆ど関わっていなかった可能性は十分にある。

とはいえ、iPhone 4発売に至るまでの時期、同氏があらゆる面で深く関わっていたことは明らかである ― アンテナを含めて。Papermasterはスケープゴートにされたのだろうか。

アップデート2:Daring FireballのJohn GruberがApple内部の情報筋から数週間前聞いたところによると、Papermasterは「アンテナの責任者」だったという。また、Papermasterが実は解雇されたのだとも聞いている。いずれにせよ、彼がもはやアンテナの責任者でなくなったことは確かだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)