ニュース
iPad(製品・サービス)

イギリス調査報告:iPad所有者の多くが、テキスト情報の閲覧にはiPadが最適と回答

次の記事

[jp]ヤフーが位置連動広告のシリウステクノロジーズを買収

Cooper Murphy Webbが行った英国のiPad所有者に対する調査によると、所有者たちは新聞、雑誌、あるいは本を読む媒体としてiPadを好むという結果が出たようだ。7月28日から8月10日にかけて1,034人に対して電話調査を行った結果、一週間あたり10時間以上iPadを使っているという人が43%に達したとのことだ。主な利用場所は家庭だとの結果も出ている。

ちなみに、iPadは雑誌や書籍を読むのに絶対的な人気を誇っているが、それでもエンタテインメント目的では依然としてノートパソコンも人気を保っているようだ。これはおそらくiPadがFlashをサポートしていないことにも一因があるのだろう。個人的にもオンラインビデオを見るのに条件反射的にiPadを取り出して、青いレゴマークを見てがっかりしてしまったことがある。

まず新聞や雑誌について。iPad利用者の31%が、新聞や雑誌はiPadで読みたいと回答しており、iPadは活字文化に益すると主張する人々に論拠を与える調査結果となっている。iPhone利用者が読み物をiPad上で読むことを好むというのは、FlipboardPulseなどといった革新的なアプリケーションで、さまざまな情報を集約して読めるようになっていることもあるのだろう。

また本を読むのにiPadを利用したいと考えている人は41%以上に達している。iBooks、Kindle for iPad、およびBarnes and Nobleなどの読書アプリケーションは、消費者の嗜好に正しく答えているということだろう。

さらに活字を読むのにiPadが便利だということから、少なくとも英国のiPad所有者の間ではインターネットのブラウジングシーンにてもiPadが好まれるという結果が出ている。ブラウジングにiPadが適していると回答したのは38%で、ゲームにもiPadが適していると回答した人も37%いた。

コンピューティング環境の嗜好をiPad所有者に尋ねるのはあるいは間違っていることかもしれない。話題になったWIREDの記事にもあったように、iPadのオーナーは「裕福で、洗練されていて、教育レベルが高く、ビジネスや金融への関心が非常に高い傾向」がある。他の機器所有者と比べて6倍の格差があるとまとめられている。英国内のiPad所有者も、同様の特異的グループだと考えられるかもしれない。しかし第3四半期の公式販売台数が327万台以上我々の推計では、現在までに500万台程度を売り上げていると見られる)に達しており、iPad所有者がますます増えてくれば、ジョブズの言うところの革新的な魔法のデバイスは、少なくとも活字文化の中で存在感を増していくと言うこともできる。

Photo: Cliph

原文へ

(翻訳:Maeda, H)