Facebook Places、今晩iPhoneに登場。チェックインと友人へのタグ付けが可能に

次の記事

汝ユーザーを驚かすことなかれ:TwitterがTwifficiecyを停止(後に復帰)

今日(米国時間8/18)カリフォルニア州パロアルトのFacebook本社で、同社の新しい位置情報サービス「Places」― 実質的にはチェックイン・サービス ― のお披露目が行われた。本誌ではわずかに早くネット上でその存在を発見したが、あれは touch.facebook.comサイト(タッチスクリーン専用に設計されたサイト)上だった。今晩から、FacebookのiPhoneアプリの中核機能としても登場する。

イベントの冒頭を飾ってFacebookが上映した紹介ビデオに、このアプリが少しだけ登場した。シームレスに組み込まれているようだった。アプリの真ん中に新しくPlacesアイコンが置かれる。FoursquareやGowalla、Looptなどと同じく、自分の居る場所に自由にチェックインできる。システムに場所が登録されていなければ自分で追加することも可能だ。

チェックインする時、同じ場所にどの友人がいるかを見ることができる。さらに面白いのは、同時にチェックインしている友人にタグを付けることもできることだ ― これは、Facebookのソーシャルグラフを考えると非常に強力に違いない。

同じ機能は、touch.facebook.comサイトでも使えるようになるらしい。

Facebookは、新機能のプライバシーへの影響について慎重に語った。まず、チェックインした場所でタグ付けできるのは、友人に対してだけである。また、デフォルトでは自分がチェックインしたことは友人にしかわからない(全員に見えるように変更することも可能)。さらに、位置情報アップデートの中で友人からタグ付けされることを拒否する設定にもできる。これはプライバシーページに書かれている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)