ニュース
Foxconn / フォックスコン(企業)

iPad、iPhoneのOEMメーカー、Foxconnは来年40万人を増員する計画

次の記事

.ORGドメインの登録数が850万件に到達。成長はさらに加速中

台湾の大手エレクトロニクスメーカー、Foxconn〔鴻海精密工業〕はDellのコンピュータ製品、AppleiPadiPhone をOEMしていることで有名だが、今年に入って従業員の自殺が相次ぐなどのトラブルに見舞われていた。

もっともこうした不幸な事件は驚くべき成長率に影響を与えなかったようだ。Bloombergの記事によれば、同社は向こう1年間で最大40万人の従業員を新たに採用する計画だという。

Bloombergによれば、Foxconnは中国における従業員数を120万人から130万人程度に増員する考えという。売上高は今年上半期、50%増加したとインタビューに応じた幹部は語っている。

またFoxconnは募集する従業員が居住している地域に工場を建設する計画だ。これに伴って深圳地区の従業員数は減らしていく方針だ。生産を内陸部に移転するのに合わせて、5年間に17万人程度を削減する。深圳地区は研究開発、新製品のテスト、新エネルギー関連の事業に特化していくと伝えられる。

今日、Financial TimesはFoxconnが現在80万人といわれる全従業員を対象に、中国全土で大規模な士気向上キャンペーンを計画中だと伝えた

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01