ngi group

[jp]ソーシャルコネクトでngi groupはソーシャルグラフを使ったマーケティング事業に参入

次の記事

Facebook Placesにはオプトインでもアウトでもない宙づり状態がある–説明ビデオよりもそれの解消を!

Facebookが自社のソーシャルグラフを使った開発者向けのサービスを提供していることはTechCrunch Japanの読者ならよく知っているだろう。TechCrunch JapanでもFacebookのLike(いいね)ボタンを設置するなど、彼らの提供するソーシャルプラグインをいくつか実装している。

こういったサービスをTwitterやほかのソーシャルグラフを使って自分のウェブサイトに実装できたらいいのではないか。ngi groupがそれを実現してくれた。

ngi groupは本日、「ngiソーシャルコネクト(以下、ソーシャルコネクト)」というサービスを開始した。このサービスは、ソーシャルコネクトを実装したウェブサイトでの友人同士のアクティビティを共有できるものだ。

たとえば、ソーシャルコネクトを実装しているあるサイトにTwitterアカウントでログインすると、Twitterで互いにフォローしあっていて且つそのサイトにログインしたことのあるユーザーが誰だかわかるようになっている。FacebookでいえばTechCrunch Japanの右横に表示されているようなlikeboxを想像してみてほしい。

また、FacebookのLike(いいね)ボタンのようなものやコメントなども実装しているため、TwitterであればTwitterのタイムライン上にユーザーが行動した内容(たとえばコメントを入力したならばそのコメント)が流れるようになっている。当然、ソーシャルコネクトを実装しているサイトでもソーシャルグラフでつながっている友人の行動が見られる。

サイトがソーシャルコネクトやFacebookのソーシャルプラグインといったものをなぜ導入するのかといえば、サイトを訪れるユーザーに友人同士の共通体験をさせることと、アクティビティをそのユーザーが繋がるTwitterやFacebook上の他のユーザーに伝えて、サイトに訪れてもらうというところにある。

実際、TechCrunch Japanでもトラフィックはソーシャルメディアからのものが増加してきている。

そこで必要になってくるのが分析だ。どんなユーザーがどんな行動をして、どういうところからトラフィックが流れてくるのか。今回発表されたソーシャルコネクトはそういった分析ツールも用意しているのだという。

ngi groupとしてソーシャルコネクトを活用して、ソーシャルマーケティングの事業に参入したい構えだ。具体的には明らかにされていないが、ソーシャルコネクトを使った広告事業などを考えているようで、ユーザーのソーシャルグラフと行動などを組み合わせた、新しい商品を開発したいという。

ソーシャルコネクトが対応するソーシャルプラットフォームは、当初はFacebookとTwitterだがそれ以外のものも随時対応していく予定だ。海外での展開も考えているという。

なお、開始といえどもまだ一般に公開しているわけではなく、問い合わせのあった企業に対してサービスの導入の説明をしていくという(ソーシャルコネクトの実装は現在のところ無料)。来月にはconeco.netなどいくつかのサイトで実装されるので、実際に動くのを早く見てみたいものだ。