Apple、99セントでケーブル業界を斬る

次の記事

YCが資金提供するKoduco、1台のiPadを使ったマルチプレイヤーゲームを開発中。「隣のあの娘」をゲームに誘うのにも使える?!

車輪は回りだした。このところ、新しいApple TV(近々「iTV」と呼ばれるようになる)の発売が近づいているという噂が絶えない。どうやら現行機の低価格、小型版で、ストレージよりもストリーミングを重視したものになるらしい。そんなデバイスのキラーアプリは、文字通りアプリだろう ― iPhone/iPad/iPod touch族と同じく。しかし、iTunesコンテンツも忘れてはならない。

アプリ(特にゲーム)はリビングルームに最高だが、その部屋の第一の目的は、みんなでハリウッドエンターテイメントを楽しむ場所としてである ― 山ほどある。Appleは音楽業界を自分たちの意志に従わせることに成功したが、今のところハリウッド相手には同じことができていない。しかし、この新しいApple TVにはそれが必要だ。そこで、それを実現するために、旧友を呼び出そうとしているらしい。あの頼りになる価格、$0.99である。

今日のBloombergの記事によると、AppleはNews Corp.と、iTunesでの新しいテレビ番組レンタルについて「細部の交渉」に入っているという。視聴者は個別の番組を$0.99で、48時間見ることができると記事は伝えている。News Corp.はFox Network(を含め多くのケーブルテレビ局)の親会社である。Appleは、CBSおよびDisney(親会社はABCで、筆頭株主はApple CEO Steve Jobs)とも同様の交渉を進めているという。

しかし、この契約はちょっと変だ。いったい誰がテレビ番組の1話だけをレンタルしたいと思うだろうか。ふつうはシーズン全体を見たいものだ(前に見たことのある古い番組でない限り)。現在iTunesでは、テレビ番組を1話ごと、あるいはシーズン単位で買うことができる ― しかし、ランキングから判断すると、ユーザーが1話だけ買うのは、現行シーズンの進行に合わせて見る時のようだ(恐らくその回を見損なったか、シーズン全部を1話ずつ買っているのだろう)。

だったらなぜ、$10か$15でシーズン全体をレンタルできるようにしないのか。たぶん、Appleはそうしたいのだろうが、そこが以前テレビネットワークとの交渉で行き詰まったポイントだったように思える。理由? ケーブルテレビ会社を怒らせたくないからだ。

毎年必ず見るテレビ番組が5つあったとしよう。もしAppleがシーズンレンタルパスを$15で販売すれば、計$75になる。これだけでも大方のケーブルパッケージより安い。しかし、ケーブルパッケージは月毎だ。その$75は、絶対に見たい番組5つの1年分である。番組の数を倍にしたとしても、めちゃくちゃ安い。そしてケーブル業界はそれを知っている。

ケーブル会社がやたらに高い金を取るのは、ユーザーが見たくも将来見ることもない山ほどのコンテンツを押し売りしているからだ。しかし彼らは、このがらくたをさまざまなネットワークから集めてくることで収益を得ている、ネットワークは人々が何も考えずに見るこのコンテンツに載せる広告を売っている。

しかし今、この退屈きわまりない無駄に飽き飽きして何とかしたいと思っている人たちが増えてきている。しかし彼らに必要な解は単純だ。現在は、互いに協調しながら働く、少々複雑な解が山ほど存在している。このiTunesによる解は、多くの人たちが求めているものかもしれない。$99のデバイスが、年間$1500の請求書を$100に減らしてくれる。うん、わかった。

残念ながら、この番組当たり$0.99の妙なレンタルシステムは、今Appleがテレビ局を説得できる唯一の方法かもしれない。その金額のほぼすべてが、テレビ局に渡って広告収益減の元を取ることになるのは間違いない。しかし、繰り返すけれども、$0.99は消費者にとってキラー価格である。しかも、ケーブルより断然安くつくのだ。

現在iTunesで番組を購入する場合、価格は標準解像度が$1.99、HDが$2.99だ。どちらも高すぎる。たしかに、これで所有できるわけだが、本当に所有したいと思うテレビ番組が果たしていくつあるだろうか。殆どの人は、レンタルという選択肢がないというだけの理由で買っているのだ。選択肢さえあればみんなレンタルするようになる。

しかも、見たい番組を毎年全部買わされていたら、たちまちストレージ容量が足りなくなる。だから、クラウドは、音楽よりビデオにとって不可欠なのである。

さて、みんなが言いたいことはわかっている。スポーツの生中継とニュース番組というケーブルの二大要素が、iTunesレンタルサービスでは置き換えられない。それは今のところ正しい。しかし、本当にそれが年間$1000に値するだろうか。見たいゲームがあれば、地元のスポーツバーか友だちの所に行けばいい(もう少し待てば自分のXboxでも)。ニュースはネットで見た方が早い。

果たして$0.99という価格は、ケーブル業界のひどい実態を変えるに足りるのか。私にはわからない、しかし音楽では通用した。

[画像:Showtime]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)