ニュース
Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)
live tv
dvr

テレビを見るのは高齢者, 若年層はネットやDVDなど'時間制約のない媒体'へ移行

次の記事

Google Voiceユーザ急増(from Gmail)でほとんど死んでる

オンラインビデオやDVR、ケーブルのオンデマンドなどは伸びているが、通常のテレビ放送(企業がコマーシャルに年間700億ドルも投じているあれ)を見る時間は急速に減っている。テレビ〜ビデオなどの全視聴時間を100とすると、アメリカ人が通常放送を見ている時間はわずかに52%である。市場調査会社Morpaceが1000人のアメリカ人消費者を対象に行った調査の結果によると、通常放送を見る時間は若い人ほど少なく、18〜34歳の層では41%、これに対し55歳以上では64%だった。

テレビ放送以外のビデオコンテンツが伸びているので、ケーブルの通常配信も押され気味だが、かといって、圧倒的にダントツといえる新技術はない。人びとがDVDを見る時間は14%、オンライン(Netflixのようなストリーミングビデオを含む)は13%、番組を録画したDVRが12%、オンデマンドが6%だ。オンライン計13%の内訳は、YouTubeのようなオンラインソースが9%、NetfixやHuluのようなストリーミングビデオサービスが4%だ。しかし18〜34歳の層では、オンラインの計が23%、内訳はオンラインソース16%、ストリーミング7%だ。

これらのパーセンテージは、テレビ〜ビデオなどの全視聴時間の中での割合だ。全調査対象者中の、オンラインビデオをちょっとでも見たことのある人の割合は、もっと高くなる(下の棒グラフ)。全視聴者(==全調査対象)の半分、すなわち51%が、オンラインビデオを見たことがある。そして23%が、Netfixのようなストリーミングビデオをインターネットで見たことがある。

視聴行動の変化の大きな原因の一つが、デバイスの多様化だ。回答者の96%がテレビ(通常の受像器)を見ているが(下の棒グラフ)、59%はテレビ以外の装置でテレビ〜ビデオ系コンテンツを見ている。さらに具体的に機種別に見ると、ノートパソコン40%、デスクトップパソコン36%、携帯電話9%、専用メディアプレーヤー8%、ネットブック4%、タブレットコンピュータ2%となる。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))