ニュース
Facebook / フェイスブック(企業)

Facebook、「購読」をテスト中。これはFacebook版「フォロー」なのか

次の記事

[jp]ソーシャルコマースサイト「品品プレミアムモール」はフラッシュマーケティングの楽天を目指す

この何週間か、Facebookにおける新しいソーシャル力学の必要性、についてばかり書いている気がする。具体的にFacebookには、共有の目的に応じて、ソーシャルグラフを2つに分けてもらいたい。一つが友人同志、もう一つが誰かをフォローすること。どうやらFacebookはこれに類するもの ― 多分、それらしきもの ― をテストしているらしい。

Facebookが新しい機能「購読(Subscribe)」をテストしているようだ。これのスイッチを入れたに違いない人物がAll Facebookで、「購読することによって、その人たちのアップデートを取り逃すことがなくなります」と言っている。一見「フォロー」によく似ているが、果たしてフォローするためにその人と友人になっている必要があるのかどうかは、この説明からではわからない。

言い換えれば、これは単に、特に気にかけている人たちのアップデートを間違いなく読むための機能かもしれない。ただ、そうだとすればFacebookのソーシャルグラフに混乱を増すだけだ。今でもその目的でリストを作ることができるからだ。しかし、All Facebookが指摘しているように、このアップデートは通知ドロップダウンに表示されるようだ。

むしろ私が期待しているのは、他のユーザーの公開アップデートを、たとえその人を購読していなくても読めることで、これが本来のフォロー機能である。当然その逆も。私は自分が公開している情報は、誰でも購読できる(そしてストリームに現れる)ようになってほしいし、本当の友人たちと情報を共有するオプションも残しておきたいと思っている。
しかし、それも検討されてはいるのだろう。おそらく段階的に進める方が、ユーザーの反感を買って騒動にならずに済んで、Facebookにとって賢明だろう ― いずれにせよ騒動は起きるだろうが。

これについてもっと明確な機能を知るべく、Facebookにコメントを求めた。彼らの答えは「検討中」だった。

アップデート:Facebookからコメントが来た。

この機能は、ごくわずかなユーザーを対象にテストされています。友人やファンページを購読すると、その人が近況をアップデートしたり、新しいコンテンツ(写真、ビデオ、リンク、メモ)を掲載するたびに、通知を送られます。

ここで「友人」がキーワードのようだ ― つまり、やはりこれはすでに繋がっている人たちだけのものだ。しかし、Facebookには、念のためさらに詳しく聞いておいた。

アップデート2:予想通り、通知を受けるためにはその相手の友人(あるいはファン)でなければならないことをFacebookに確認した。この通知は最上部のタブに入り、同時にメールでも送られてくるとのこと。

要するに、まともな「フォロー」は、まだということだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)