Backupify

クラウドサービスのデータをクラウドにバックアップするBackupify、$4.5Mを調達

次の記事

Appleジャパン、発火事故を受けて3週間で5000個のiPodの電池を交換

Backupifyは他のクラウドコンピューティングサービスのデータをクラウドにバックアップするサービスだが、このほどシリーズAのラウンドで$4.5M(450万ドル)の資金を調達した。今回のラウンドのリーダーはAvalon VenturesGeneral Catalyst、Lowercase CapitalFirst Round Capitalも参加している。

Backupifyは2008年に Rob Mayによって創立された。このサービスはTwitter、Facebook、Gmail、Flickr、WordPress、Blogger、YouTubeなどのサービスに蓄積されたユーザーデータをバックアップし、たとえばTwitterの場合、すべてのツイート、DM、フォロワーリスト、プロフィールなどの情報を一括してダウンロード可能なPDFファイルにもまとめる。Backupifyでは無料のトライアル版と各種の有料版を提供している。

Backupifyによると、同社のバックアップサービスは各種のクラウドサービスを利用する企業ユーザーに人気が出ているという。今回調達した資金はプロダクトの開発に加えてエンタープライズユーザーの大量のデータに対応するクラウドストレージと管理能力の増強に宛てられる。

Backupifyは昨年6月に創立されたが、最初の資金調達は今年2月のFirst Round Capitalをリーダーにしたラウンドでの$900,000だった。このラウンドにはGeneral CatalystBetaworksなどのベンチャーキャピタルに加えて、Chris SaccaJason Calacanis、Andy Swan、Bob Saundersといったエンジェル投資家も参加している。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01