Facebook、「いいね!」ボタンを改訂、カウント表示ボックスなどを追加

次の記事

Appleが発表したApp Storeの審査ガイドラインについて知っておくべき点

FacebookのLikeボタン(日本語版では「いいね!」)は、今年4月に公開されて以来、世界中で山火事のように広がっている。その後、レイアウトや機能を改善するために、あちこち微調整を重ねてきた。今日(米国時間9/9)、さらに改良が加えられた。

同社のデベロッパーブログによると、新しいLikeボタンには3つの機能が加わる。アプリ内Likeボタン、LikeボタンからFacebookページへのリンク、そしてボタンの上にLike数を表示する「ボックスカウント」オプションである。

最も興味深い変更は、一番目に挙げたもの。これまでは、アプリケーション全体に対してしかLikeできなかったが、これからはアプリケーションの中の、一要素をLikeできるようになる。たとえば、FarmvilleのバーチャルグッズをLikeする、ということが、もしZyngaが実装すれば可能になる(間違いなくそうするだろう)。また、エンターテイメントアプリの中ど個々の映画やテーマなどをLikeすることもできる。

2番目の変更は少しややこしい。FacebookはLikeボタン作成ツールにURLフィールドを設け、Likeボタンからそのページへリンクできるようにした。どうやらこれは、ユーザーがLikeしたページ以外のどこかにある何かのLikeボタンを作るものらしい。たとえば、TechCrunchのためのLikeボタンを作って、それを別のブログに置くことができる。[訳注:Facebookブログによると、リンク先として指定できるのはFacebookページのみと思われる]

そして、Likeボタンに新しい表示オプションが追加された。layoutパラメータに”box_count”を指定すると、獲得したLikeの数がボタンの上部に表示される。これは、ウェブ上の共有ボタンとして、ごく普通の景色である。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)