mixi meetup
mixi

[jp] 中国と韓国の大手SNSがmixiプラットフォームと規格の共通化で提携を発表

次の記事

[jp] mixi graph APIは家電とも繫がるーーmixiはウェブの外もソーシャル化する

mixiの世界展開が見えてきた。mixiはmeetup 2010の会場で中国のRenren、韓国のCyworldとの提携を発表した。

共に各国最大手のソーシャルネットワークサイトで、この提携により、mixi上で提供するアプリケーションやサービスは今後(もちろん言語の変更は必要だが)中国、韓国での展開が容易になるだろう。

オープンソーシャルプラットフォームという共通のプラットフォーム上で規格が共通化されればまさにアジア展開への道が開かれることになる。

今回のアライアンスの主旨についてmixiの宮田拓弥氏は「提携の主旨としてはプラットフォームを共通化し、プラットフォーム間で(アプリが)流通しやすいようにする」ことが目的と語る。また「中国1億5000万、韓国2500万人、それにmixiをいれると2億人のユーザーにアプリを提供できるようになる」と話すようにインパクトは絶大だ。

cyworldはSK communicationsが運営している、韓国で最大のソーシャルネットワークサイト。登録者数2500万、月間MAU2000万で韓国の圧倒的な地位をほこる。またRenrenは2005年にXiaoneiとして始まった中国のソーシャルネットワークサイトで、中国最大。ユーザー数は1億5000万人にのぼる。