[jp] mixi graph APIは家電とも繫がるーーmixiはウェブの外もソーシャル化する

次の記事

[jp] モバゲータウンとmixiが連携へ——mixi checkはモバイルにも対応

今日公開されたmixi graph APIはmixi pluginに並んで重要なもののひとつだ。プラグインタイプがHTML形式で提供されるパーツであるのに対して、mixi graph APIはまさに「mixiそのもの」を提供することに他ならない。公開にあたり、楽天やはてななど、すでに導入をしている提携パートナーの発表があった。

ユーザーはこのAPIを通じてmixiのソーシャルグラフと繫がり、あらゆるサービスを生み出すことが出来るようになる。ーーそしてさらにこの話はウェブだけにとどまらない。

mixiの原田氏が「例えばスマートフォンの電話帳をソーシャルグラフをつかって入れ替えてしまうということができる」と話すように、このようなデバイスとの連携が今回のmixi graph APIでは可能になる。同氏は具体的な話題として「パナソニックでテレビの録画機能との連携を検討している」と明かしてくれた。

このmixi graph APIがFacebookに影響を受けていることは間違いない。Facebookは4月のf8カンファレンスでOpen graph APIを公開し、あらゆるサービスの基盤になることを宣言している。日本でいえばTwitterの例の方が分りやすいかもしれない。TwitterAPIは彼らのソーシャルグラフにアクセスさせることで様々なサービスを生み出した。おそらく近い将来mixiのソーシャルグラフ上で動くウェブサービスが沢山生まれるはずだ。

しかし、mixi graph APIが他のプラットフォームよりも一歩先に進んでいる面がこの多様なデバイスへの展開だ。パナソニックのDIGAで予約した内容がmixiと連携できるようになれば、家電が一気にソーシャル化する。冷蔵庫でもいい、電子レンジでもいい。mixiを通じて生活すべてがソーシャル化される日がやってくるのかもしれない。