[jp]mixiはスマートフォンでのアプリ開発を可能に――mixi meetup 2010で発表

次の記事

学生を実験台に一週間のソーシャルメディア「解毒」実験

ミクシィは本日、自社のカンファレンス「mixi meetup 2010」の会場で、mixiのプラットフォームをいままでのPCとケータイ電話に加えて、スマートフォンに対応することを発表した。これにより本日、9月10日からiPhoneなどのスマートフォン上でmixiアプリの開発が可能になる。当初はブラウザーベースのものとなるようだが、ネイティブのアプリの開発も今秋には対応するようだ。

基調講演の壇上に登った代表の笠原健治氏によれば、PC、ケータイ電話、スマートフォンの3つに対応したのは世界初だという。

まずは、すでにPCやケータイ電話向けに提供されているモバイルで人気となっている「まちつく」「キャバウォーズ」などがスマートフォン向けに提供される。

ゲームなどのアイテムの課金についてはクレジットカードでの課金となるようだ。このほかmixiアプリ向けの新しい広告の料率などについて(インプレッションベースからユニークユーザーベースにする)発表された。

詳しい情報についてはmixiのデベロッパーセンターで公開されるという。

TechCrunch Japanではこの後もmixi meetup 2010についての模様をお伝えするつもりだ。