MicrosoftがiPhoneの葬儀を実行–Androidはどうなったの?

次の記事

FoxconnでiPhoneを作っている男はどんな人物か?–米誌が貴重なインタビューに成功

Microsoftは元々、口は災いの元になりかねないような、奇抜な発言をする会社ではない。トップはときどきへんなことを言うが、でもこれだけ言うにはかなり度胸が要るはず。

今日(米国時間9/10)は、Windows Phone 7の本番生産がやっと始まったことを記念して、Microsoftの社員たちがワシントン州レドモンドの本社前でパレードをした。苦労した製品がやっと完成したのだから、お祝いのパレードぐらいしてもいい? でもそれは、単なるお祝いではなかった。霊柩車とお棺と黒い喪服姿…iPhoneとBlackBerryのお葬式なのだ。Microsoftは、次の”iPhoneキラー”になるつもりだ。メディアがそう報道してくれなければ、自分で名乗ればいいだけのこと。

これからの数か月が、楽しみだね。

今日のにせ葬儀の前には、7月にMicrosoftのCOO Kevin Turnerがこうコメントしている: “iPhone 4はAppleのVistaだな。まあ、それでもいいけどね“。今はもう9月だけど、AppleのVistaはどうなっているかな

パレードの山場は、にせ葬儀よりもむしろ、マイケル・ジャクソンの”スリラー”のビデオを見ながら全員が踊ったときだ。ダンスそのものは良かった(下にビデオ)けど、CEOのSteve Ballmerがバックで大声でわめいていたら、もっとおもしろかっただろうね。彼はときどき、そういうことをする人だから。

さらにおもしろいのは、Androidの姿がこの(他機にとって)試練の行事のどこにも見えないこと。ただし”Carl J”という名前のMicrosoft社員が、このイベントで撮った写真をFlickrの自分のページに載せている。彼のカメラは何だろう? Androidを搭載したEVO 4Gだ。

それに、この(下の)写真は一体何だ? 車体にWin Phone sexって書いてあるぞ? Windows Phone 7は、セックスで売る気か?

[写真: flickr/trioculous]

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))