日本のDeNA、モバイルソーシャルゲーム開発のGameviewを買収

次の記事

Twitter、新Twitter.comを公開 — 新たな2画面体験(ライブ)

米国市場での存在感を高めるべく、日本のゲーム会社DeNAが、カリフォルニア州マウンテンビューのモバイルソーシャルゲーム開発会社、Gameviewを買収した。この買収によってDeNAは、米国での知名度向上という目標にまた一歩近づいた。契約内容は明らかにされていない。

Gameviewは、スマートフォン用の無料モバイルソーシャルゲームアプリを開発しており、Tap Ranch、Tap Fish: Exotic、Tap Birdsなどの製品がある。同社の最新ゲーム2作はAppleのApp Storeで無料アプリの1位を獲得している。またDeNAは、GameviewおよびDeNAの子会社であるMiniNationとの間で、スマートフォン市場におけるゲームのクロスプロモーションを行う予定だ。

米国のゲームの巨人がアジア市場に積極的に進出する一方で、日本企業のDeNAは、買収、出資、提携などによって米国での地盤固めに積極的である。同社は昨年、ゲーム開発会社のIceBreakerを買収すると共に、ゲーム用プラットホームのAuroraFeint出資している。

今年になってDeNAは、Yahooと共同で新ゲームポータルを立ち上げるとともに、$27.5M(2750万ドル)のソーシャルゲームVCファンドを設立した。

財政面では、DeNAは今年度収益$1B(10億ドル)を見込んでおり、2010年の米国市場進出およびiPhone市場参入にも助けられ、数週間前、好調な第1四半期収支を発表したところだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)