[jp]ミクシィとRenren、Cyworldの提携はFacebookではない「もう1つ」の勢力になるのか

次の記事

耳にかけるタイプの着用型ビデオカメラが登場–両手がほかのことをしてても撮影可能

9月10日に行われたmixi meetup 2010では、mixiと中国のRenren(Oak Pacific Interactive)、韓国のCyworld(SKコミュニケーションズ)とのプラットフォームの共通化の提携が発表された。

この提携によってソーシャルアプリを開発する企業は、3者のどこかのソーシャルネットワークに向けたアプリを開発していれば、他の2者のソーシャルネットワークにアプリを提供しやすくなる。将来的にはソーシャルアプリだけでなく、mixi meetupで発表された外部サービス向けのAPIなども共通化を図っていくという。

ミクシィの代表取締役である笠原健治氏によれば、この提携の理由の1つには5億人以上を抱え世界を席巻しつつあるソーシャルネットワークサービスのFacebookとは異なった「極」を作ることにあるのだという。

TechCrunch Japanがインタビューとした笠原氏とのやりとりは以下のとおりだ。


今回の提携の一番の目的としてはアプリケーションを開発するプロバイダー側がよりアプリケーションを出しやすくしていく仕組みを整えることです。日本のmixiだけではなくて、mixiに合わせてアプリを出していくと、ほぼワンストップで韓国、中国にも出したかったら出せます。チャンスとして大きいものがありますよといところをしっかり作っていくことですね。

アプリだけではなくて今回発表したmixiコネクトのようなプラットフォームも仕様を整備していきますし、今後出していくプラットフォームについても整備していきたいと考えています。

プロバイダーとプラットフォーマー間の仕様を統一をしていく考えです。各SNSはユーザーのグラフ(関係性)を持っていますが、そこを統合する話ではありません。

――今回の提携はなにか名前のようなものはあるのですか。

提携した規格の統一については名前はついていません。今回提唱しているアライアンス間で仕様としては統一していこうとしています。OpenSocialに準拠していますが、OpenSocialは最近ではオラクルやセールスフォースといった企業も加わり議論が拡散して範囲が広すぎるので、SNSだけに限りませんがプラットフォーム提供企業とアプリケーションプロバイダーに特化したかたちでの仕様の統一を図っていきたいと考えています。

北米の有力な会社、たとえばZyngaなんかが日本に参入していますが、仮にこれから有力なベンチャー企業が北米から出てきたとして、彼らもFacebookとだけ一緒にやっていればいいやということだったかもしれません。けれど、世界にもう1つ大きいアライアンスがあるねと、そちらにもアプリを出そうかという流れになってくるかもしれない。

――対Facebookを意識しているからの提携なのでしょうか。

Facebookに対抗してというわけではないですけれど、Facebookに対してもう1つ極があるよね、二極化されているよねという印象を持って欲しいと考えています。

ミクシィとしても各地域で影響力を出していきながらプレゼンスを出していければいいなと考えています。場合によってはどこかの国に関してはミクシィから資本をだしていくとか、現地に有力なSNSがなければ自ら進出していくということはありえます。

優先度としては各国の地域のナンバーワンSNSサービスと組んでいくことだと思います。


ソーシャルグラフを抱えるソーシャルネットワークサービスは確かにインターネットのサービスの中心的な役割を果たすようになっている。Twitterも伸びてはいるが、特にFacebookは世界のSNS地図の勢力地図を塗り替えている

この動きに対抗して国内の独自のサービスが自国内でシェアをとっているのは、日本、中国、ロシアといった一部の国ぐらいなもので、それ以外の世界ではほとんどFacebookが力を持っている。

だからこそ新しい勢力をつくろうということだろう。GoogleもFacebook対抗の動きを見せているという話もあるが、OpenSocialというGoogleの提唱している仕様に乗るミクシィ連合軍との提携ももしやありえるのかもしれない。

今回は東アジア地域だけの動きだったが、ミクシィでは北米や南米、ヨーロッパでの提携も進めていきたいと考えている。「今後さらに大きな規模の提携になる予定」と発表しているので、今回発表した以外の提携も近いうちにあるのは間違いないだろう。この提携が世界規模でFacebook対抗になるのか非常に興味深い内容ではある。

この一連の動きによって、ミクシィでは現在グローバル戦略を見直ししている最中だという。