オラクル入社によるHurd氏の損失は$13.6M。Hurd氏を失ったHPの損失は$15.68B

次の記事

検索バブルはいかにしてサービスの成長を妨げてしまったのか。当事者の視点から歴史を振り返り、現在の危機を認知する


Hewlett-Packardは、前CEO Mark Hurdが最近Oracleに移籍した件に関する紛争に決着をつけた。条件は明らかにされていない。ライバルであるOracleに移ったことにより、HurdはHP社株式34万6000株の権利を放棄した。今日(米国時間9/20)の終値$39.39で計算すると$13.6M(1360万ドル)の損失となる。

現在の$39.99のHP株価は、Hurdが解任された日以来の急落を示している。2010年8月6日、HPの株価は$46.30で、その差は$6.91だ。これに総発行高22億7000株を掛けると、HPにとってHurdに関わる時価総額下落は$15.68B(156億8000万ドル)になる。

すでにきわめて厄介な先月の性的スキャンダルからほぼ立ち直った様子のHurdが、最大の敗者でないことが明らか。同氏は友人Larry EllisonのいるOracleに共同社長(Co-President)として加わる。そこでどんな贅沢な権利を手にすることになるのかは知る由もない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)