huddler

ネット上に多量にある古いフォーラムの"化粧直し"を無印サービスで提供するHuddler

次の記事

[jp] Vuzzは友達と「今日なに食べる?」まで投票で決められるソーシャルランキングサイトだ

インターネット上のフォーラム(”掲示板”)は今も盛んだが、デザインやレイアウトという点では物足りないところが多い。そこでHuddlerが、フォーラムをきれいで機能豊富なWeb上のコミュニティに変えるホワイトレーベルな(無印の)ソリューションを、フォーラムの主宰者に提供する。

フォーラムやWebサイトの主宰者はHuddlerをパートナーにすることによって、リビュー(製品、お店、等々)、画像のホスティング、Wiki機能、ユーザの画像ギャラリー、専用の検索機能、美観の改善、などなどを自分のサイトに導入できる。つまりサイトが、モダンな機能集合とデザインに生まれ変わる。

ファウンダのDan Gillによれば、フォーラムは今でも会員数、トラフィック、共に非常に多いが、インタフェイスは相当古いものが多い。Huddlerの主張では、機能とデザインの刷新によって検索のトラフィックは増え、主宰者の収益機会が増す。さらにHuddler自身は、フォーラムにディスプレイ広告やアフィリエイトマーケティングが載ることによる収益機会が得られる。

Huddlerは過去1年間、非公開ベータだったが、すでに24のパブリッシャー〜フォーラム主宰者がユーザだ。それらは、EpicSki、ChefTalk、DenimBlog、Head-Fiなどだ。また資金は、今日までNEAから500万ドルを調達している。

下の画像で、EpicSkiの「Huddler前」と「Huddler後」を見てみよう。Huddlerの技術は、たしかに、フォーラムを今風にお化粧してくれるようだ。


[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))