Facebookの映画はリビューサイトで大好評, でも観客動員力はどうかな?

次の記事

Googleの「プロジェクト10^100」で入選作決定, 5事業に計$10Mが寄付される

今日(米国時間9/24)のNew York Film Festivalで初日を切り、10月1日に一般封切りされる、ソーシャルネットワークの創業を描いた初のハリウッド映画は、映画リビューの集積サイトMetacriticで100点という高得点を取り、Rotten Tomatoesでは9.9を獲得した。

MetacriticとRotten Tomatoesはいずれも、現在の標本数が少ないが、過去のすべての映画の中でThe Social Networkは、The GodfatherLawrence of Arabia(再公開版)と並ぶ高位置につけている。

しかし、この好評は、たくさんのお尻を映画館の座席に置くことができるだろうか?

今ごろはみんな、Columbia Pictureの、あのうるさくてしつこいマーケティングキャンペーンに何度も何度も襲われ、しかしそれでもあの映画を見たいという欲求は萎えていないと思うから、もしかして興行的にも成功するかもしれない。

しかもハリウッドはぜったいに、Mark Zuckerbergが捕虜にしている5億人のオーディエンスの何%かをあてにしている。噂ではこの映画の制作費は、4500万ドルから5200万ドルのあいだと言われているから、かなりの大作である。

関心のある読者のためには、”Zuckerberg, ‘The Social Network’ And The Rise Of The Terror Nerd“に詳報がある。そして最近、The Social Networkのクリップが、なぜか分からないが、あのひどいサイトYahoo! Moviesにだけ、独占的にリリースされた。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))