Disrupt Battlefield(デモ合戦)のセッション1: ビデオと要約

次の記事

[jp]TC Disrupt―日本のGunzooも登場。「スタートアップの戦場」は初日14社がしのぎを削る

バトルフィールドの出場企業がデモを終え、その第一セッションのビデオが完成した。その最初から最後までをじっくり見てもいいし、あるいは下の要約記事とリンクで記憶をリフレッシュしてから、おもしろそうなプレゼンに直行してもいい。

ただし、ぼくの意見は、あくまでもぼく個人の感想にすぎない。とくに権威のある意見ではないから、気にしないように。詳しいことはリンク先の各社のページや、そのページの下の方にあるQ&Aを見ていただきたい。


Qwiki

バトルフィールドの開始を告げるにふさわしい、楽しいプレゼン。その効能に首をかしげた人も、プレゼンは楽しめたはずだ。Qwikiは、何かを調べる作業を対話的に、そして美しくやれる。あまり効率的ではないかもしれない。コンピュータが合成した音声をしゃべると、もっといいね。あるいは実際の人間に事実情報や文学作品を調べさせて、その人がしゃべってもいい。地域の人たちの話、各都市の市長たち、インタビュー、そのほかのメディア上のニュースなども、あるといいね。そうすると、アルゴリズムで動かすNPRになるね。Quikiは5:00から


Storify

このソーシャルメディア引用ツールは、とても便利そうだし、その点が怖くもある。ある審査員が言ったように、奇怪な記事を簡単に作れちゃうから、ヘンな自己顕示欲を刺激することもありえるね。最初の構成では、オリジナルでないものを簡単に作れるが、特定の表現を避けるような構成にもできる。Storifyは16:00から


Gunzoo

これは、ひと言で言うと、ビデオ用のCoolirisだな。ただし処理能力と帯域の大きさではGunZooが上だろう。お世辞にも新しい(disruptive)とは言えないが、派手なプレゼンやWebサイトを作りたい企業は飛びつきそうだね。コーディングの腕はいいよ。だから彼らは、今後も一生、食い詰めることなないね。Gunzooは28:30から


Datasift

高度でソーシャルなWebアクセス分析は、このところ競争の激しい分野だが、このスタートアップを正しく評価できるほど詳しい知識は残念ながらない。強力で便利なプラットホームのようには見えるし、デモ用の簡易バージョンでなく、本番製品を持ってきたのはエライ。ただし、データ量のものすごく多いところでないと、真価を発揮しないのではないかな。また、平均的ユーザの入力では、ノイズが多くなるだろう。Datasiftは38:30から


そのほかのセッションも、ビデオができ次第ご紹介しよう。見ていただいて、ありがとう。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))