Amazon、「Kindle for the Web」を発表。Kindle用書籍がウェブ上で共有可能になった

次の記事

Twitter、ユーザーストリームをサードパーティーに全面公開

Amazonが「Kindle for the Web」の発表を行った。何かをインストールしたりダウンロードしたりすることなく、本の見本をブラウザで閲覧したり共有したりできるようにするものだ。

また、自分のサイトにKindle用書籍のサンプルを掲載することもできる。Amazonは、アソシエイトプログラムに参加しているブロガーやウェブ制作者にとっては、アフィリエイトに機会を拡大するものになると述べている(利用方法はこちら)。

サイトに掲載した書籍見本から閲覧者が書籍を購入すれば、アソシエイトに参加している人はアフィリエイト費用を得ることができる。これは確かに面白そうな仕組みだ。

閲覧者はAmazonないし他のKindle書籍表示サイトで「Read first chapter FREE」(無料で最初の章を読む)ボタンをクリックするだけで良い。画面に書籍の最初の部分が表示される。

尚、閲覧時にはフォントサイズや行間、背景色の変更をすることもできる。そして気に入った本があればFacebook、Twitter、ないし電子メールを利用して友達や家族とサンプル書籍の共有を行うこともできるわけだ。もちろん自分で運営しているサイトにそのサンプルを表示させることもできる。

本の著者にとってもKindle for the Webは便利だろう。Karen McQuestionはブログにKindle版でもベストセラーとなった『A Scattered Life』を掲載している。あるいはJohn Millerも『The First Assassin』を自身のサイトに掲載している。

個人的にはとても面白い機能だと思う。読者の方々はいかがだろうか。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)