Yammer

「企業向けTwitter」のYammerが新たに目指すのは「企業向けFacebook」?

次の記事

Amazon、「Kindle for the Web」を発表。Kindle用書籍がウェブ上で共有可能になった

「Twitter for businesses」を志向して2008年のTechCrunch 50デビューしたYammerが、次世代プラットフォームの発表を行った。今回目指すのは、あらゆる機能を備えた企業向けソーシャルネットワークだ。新たなYammerは本日のTechCrunch Disruptでもプレゼンテーションを行う予定になっている。TechCrunchに以前掲載したレビューにも記したように、Yammerはサービスに多数のアプリケーションを加えて機能の増強を行ない、単純なコミュニケーションプラットフォームからの進化を計っている。

用意されるアプリケーションは投票、チャット、イベント、リンク、トピックス、Q&A、アイデアなどに関するもの。こうした各種アプリケーションを通じて行ったことも、新たなActivity Feedで共有される(Yammer経由でない操作も共有される)。そしてアプリケーション経由で公開された内容を追いかけることもできるようになっている。

またGoogle Apps marketplaceと同様のコンセプトで、サードパーティーがアプリケーションを作成してそれを販売する仕組みも取り入れた。たとえばCrocodocは、Yammerのメッセージに添付されたPDF、ワード書類、画像等にマークやコメントを付けるアプリケーションを提供している。また新しいZendeskアプリケーションを使えば、ZendeskのカスタマーサービスチケットをYammerのメッセージに添付することもできる。さらにBox、Expensify、およびLithiumがYammerアプリケーションを開発中だとの話だ。

YammerはJive、SalesforceのChatter、CubeTreeなどの競合がある中、確実に利用者を増加させている。TechCrunchでも内部コミュニケーションツールにはYammerを利用している。ここまでに獲得した利用者数は100万を超え、利用企業数も全世界で80,000社となっている(Fortune 500企業の80%も利用している)。さらにYammerは四半期毎に収益が倍増してもいるようだ。

CEOのSacksは、新たなYammerによりコミュニケーションプラットフォームが大幅に急速な進化を遂げることになるとしている。コラボレーションのためのプラットフォームとソーシャルネットワークはまた別のものだという人もいるが、Sacksは企業向けのソーシャルネットワークにはFacebook規模のビジネスチャンスがあるのだとしている。今回発表されたYammer 2.0が、ビジネス向けFacebookのような外観になっているのも面白い。似ていることの良し悪しは別として、Yammer 2.0の使い勝手は非常に良いものとなっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)