Gmail、利用者の好き嫌いにあわせてスレッド表示機能をオフにする機能を追加

次の記事

TC Disrupt―未来のモバイル広告はプッシュからプルへ変貌する

Gmailのスレッド表示については、これまでもいろいろと議論があった。自動的にメールをまとめて表示するようになるので、関連するメールを見つける時間を節約することができるという人もいた。あるいはスレッド機能を複雑で使いにくいと感じる人もいた。Googleによるメールのとりまとめ機能が好きな人も嫌いな人も、いずれにせよ何かしらの意見を持っていたというわけだ。こうした状況に対応するため、Gmailはスレッド表示をオプションにし、機能を完全にオフにしてしまうことも可能とする機能を提供することとした。

「conversation view off」のラジオボタンをクリックすれば、スレッド表示はオフとなり、メールは時系列で表示されることとなる。非スレッドメールで行っていたように、メールの受信日時をもとにメールを探すことなどができるようになる。

Google曰く、スレッド表示をオプション化することで、スレッド表示が使えなかった「レガシークライアント」(マイクロソフトのOutlookやLotusを指す)からの移行も容易になるだろうとのこと。Google Appsをビジネスで利用している人は、コントロールパネルから「enable pre-release features」を選択することで、スレッド表示の解除ができるようになる。

GoogleはGmailにさまざまな細かい機能を追加してきているが、今回の機能追加もさらなるユーザ獲得への動きと見てよいだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)