iPhone App Store
google goggles

画像検索のGoogle GogglesがAndroidから1年遅れでとうとうiPhoneにやって来た

次の記事

Nielsen調査―アメリカのスマートフォン新規ユーザーの32%がAndroidを選択

iPhone陣営にいるとGoogleが次々に発表する面白い新機能をすぐに使えないのが残念だ。そうしたクールな新機能の一つがAndroid向けには昨年の12月にリリースされたビジュアル検索〔対象にカメラを向けて撮影するとGoogleのシステムがそれが何であるか認識する〕のGoogle Gogglesだった。1年近くたってこの機能がやっとiPhoneにも提供されることになった。

今日(米国時間9/5)、Google Mobileブログで発表されたところによると、GoogleはGoogle GogglesをiPhone向けGoogle Mobileアプリの新機能として追加する。 GoogleMobileアプリはテキスト検索だけでなく音声検索もサポートしているすぐれものだが、画像検索機能の追加でさらに強力になった。

Googleの発表:

新しいGoogle MobileアプリでカメラボタンをタップするとGoggles検索が実行できます。Gogglesは撮影された画像を分析し、認識できた対象を枠で囲って表示します。その対象をクリックすると詳しい関連情報が表示されます。

GoogleによればGogglesは依然としてラボ・プロジェクトであり、機能改良の努力を続けているところだという。さまざまなランドマークやロゴ、商品などを認識できるが、動物や料理の認識はまだ苦手だそうだ。

私の環境ではApp StoreにGoogle Mobileアプリのアップデートはまだ来ていない。Googleでは今日中には全ユーザー向けに公開できる予定だとしている。このアプリは無料だ。

下のビデオでデモが見られる。

〔サンフランシスコのランドマークになっているビルを撮影して名前を調べたり(トランスアメリカ・ピラミッド)、本の表紙を撮影して書評を読んだりするところがデモされている。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01