システム不調が続いたFoursquare。チェックイン数はわずか2ヶ月半で過去16ヶ月分に匹敵する急成長

次の記事

Facebookのバージョンアップ発表会ライブ―新しい「グループ」など重要機能多数

Foursquareのサービスダウンについては、Foursquareからの発表もあってTechCrunchでも記事を掲載している(原因は一部データベースサーバが過負荷になってしまうことらしい)。ただ、まさに今こうした問題が出てくることについて、他にも原因があるはずだ。おそらくわずか2ヶ月の間にチェックイン数1億から2億へと急速に増加している利用量にも一因があるのだろう。

Foursquareのブログに掲載された記事では、急成長ぶりについてはタイトルで触れているのみだった。記事の本文は障害についてのお詫びと説明のみが記載されている。記事の内容を少々誤解させることになるかもしれないが、しかし記事の書き方としてはスマートなやり方だと思う。サービスが利用できないときに、サービスの好調ぶりを目にしても読者は苛立ちを感じるだけだろうからだ。

FoursquareのTristan Walkerが、Foursquareのチェックイン回数が1億を超えたとツイートしたのは7月20日のことだ。当方で計算してみると、1億チェックイン達成には16ヶ月かかったということになる。倍の2億チェックイン達成までには、なんとわずか2ヶ月少々を要しただけだというのは相当のペースアップだと言える。

こうした急激な成長速度に対応してサービスを安定的に提供することは非常に難しいことだ。Foursquareが原因をきちんと把握して対処していくことを期待したい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)