AIR for Android
air
adobe-air

Adobe、AIR for Androidを発表。真価は今後発表されるアプリケーション待ち

次の記事

Evernoteのライバルを目指すSnaptic、社名およびサービス名を「Catch」に変更

Android MarketにAIR for Androidのランタイムが登録された。これにより開発者はAdobeの開発プラットフォームを使ってモバイル用AIRアプリケーションを制作することができるようになる。動作環境はAndroid 2.2(Froyo)を搭載した携帯端末だ。尚、言うまでもないことと思うが、デスクトップ版のAIRアプリケーションをそのまま動作するわけではない。

AdobeのエバンジェリストであるRyan Stewartが言うように、モバイルデバイス用にビルドする必要がある。

今のところ、AIR for Androidで動作するアプリケーションはほんの少ししか登録されていない。やはりAdobeエバンジェリストであるSerge Jespersが、AppBrainにリストを掲載し、これをアップデートしていく予定だとのことだ。

正直なところ、現状は掲載アプリケーションの数も少なすぎ、AIR for Androidがプラットフォームとしてどこまでのものかという判断も難しい。現状は「とりあえずスタートしてみました」という段階ではある。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)