Catch.com
Catch

Evernoteのライバルを目指すSnaptic、社名およびサービス名を「Catch」に変更

次の記事

英語が苦手でも問題なし?! セレブのツイートを母国語に訳してくれるStarsFeed登場

画面のキャプチャ、メモ、アイデア、画像、場所など、なんでも記録することのできるSnapticが、社名およびサービス名をわかりやすくCatch.com変更した。また、この名称変更とともにAndroidおよびiOSデバイス向けに新たなモバイルアプリケーション(名称は「Catch Notes」だ)をリリースした。

Catchのアプリケーションを使って登録した情報は新たに公開されたCatch.comというサイトに集約される。ここではモバイル端末から記録した情報を探すために、端末から送信された位置情報に基づいてソートすることなどができる。

Catchはこれまでにベンチャーキャピタルから$2.3M(230万ドル)を集めており、Evernoteなどが提供しているメモ共有サービスにて地歩を固めたい考えだ。Catchによれば、現在までに500万のアクティブユーザを獲得しているとのことだ。