Tldr

長い長い記事の短い要約を自動的に作ってくれるTLDR.it

次の記事

AppleとGoogle: アクティべーション数せり上げのラリーは無限に続く

TLDR.itは、長すぎる記事や、さらにあまりにも長いRSSフィードを短くして、気の短いWebユーザのニーズに応える(短/中/長の3種類の要約を作る)。このWebアプリケーションを作ったJeremy McAnallyは、 “CNNやNY Timesの記事でも、知りたいのは要点だけ。数ページにわたる記事なんか、読みたくない”と言う。まさに、そのとおり。〔TL;DRは、too long; didn’t read(長すぎるので読まなかった)の意味。DRでなくDVなら、didin’t view(見なかった)。〕

この記事も、最初はグラフがいくつもあったり、ほかの人の発言や記事からの引用がたくさんあって、とっても長かった。あるアナリストが、“このTLDRのようなサービスの市場は2013年には600万ドルに達するだろう …” なんて言っていたり。書いてる本人がうんざりして、TLDRに要約を作ってもらったから、これなら読者が注意欠陥障害の人でも楽しめるはずだ。〔このパラグラフはもちろん、筆者のジョーク。〕

わずか48時間で作ったTLDR.itは、今のところ”試作品モード”だが、McAnallyは、収益化のアイデアはすでにいくつかある、と言っている。私と私の同僚Robin Wautersが、McAnallyにぜひ作って欲しいのは、要約の逆で、短いツイートをエッセイに換えてくれる機能だな。

TechCrunchの記事も、これからが楽しみよ!

ありがとう: HN

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))