betterfly

個人が個人教師を見つけるサイトBetterflyが音楽のインストラクター紹介サイトTeachlistを買収

次の記事

やりたい活動や参加したい行事を探してくれるGobyが$2.5Mを調達

何かの先生や教師、指導者、トレーナー(訓練士)などを見つけてくれるBetterflyが、音楽のインストラクターを紹介するTeachlist.comを買収した(今ではここにアクセスするとBetterflyの音楽の部門へ行く)。これでBetterflyのインストラクターの数は1万以上となり、ユーザのより多様なニーズに応えられるようになった。買収の条件(金額等)は、公開されていない。

5月にベータで立ち上がったBetterflyは、教師やインストラクターたちを1000以上のカテゴリーに分類している。ピアノの先生、体重を減らすためのコーチ、スペイン語の講師、ヨガのインストラクター、などなど、さまざまだ。名前のBetterは、ユーザの人生をより’ベターにする’、の意味であり、とにかくユーザが自分を向上させるためにやってみたいことなら何でも、先生を探してあげられることが、このサイトの目標とする姿だ。

ユーザは、場所、アポイントの有無、ほかの生徒のリビュー、友だちのリコメンデーションと評価値、などなど、20あまりの項目を検索できる。教習所とか会話教室などのいわゆる企業は載せずに、あくまでも個人の指導者に限定することによって、サイトのパーソナルな魅力の維持に努めている。たとえば、ヘアースタイリストや個人のトレーナーは載っているが、彼らが働いている(かもしれない)ヘアーサロンやジムは載っていない。

教える側は、Betterflyの専用ページで自分の資格やサービスの内容、ビデオ提供の有無、レッスンプランなどを記帳して登録する。そこに自分のブログを作ることもできる。そして利用者は、このサイトの予約システムを使ってアポイントを取る。

BetterflyのファウンダJoshua Schwadronによれば、彼がこれを思いついたのはニューヨークに引っ越したときで、そのときはピアノの先生を見つけたいと思ったが、YelpやCitysearchを見ても(お店などのリビューはあるが)、良いリビューが集まっている地元のインストラクターを見つけるのは難しかった。

Betterflyは5月以降、着実に人気を高め、ユーザ数は10万に達した。そして同社は最近、シカゴの投資会社Lightbankから、資金を調達した

Schwadronによれば、Betterflyはすでに、MTVのMadeに出ているデートのスペシャリストRebecca Brodyや、2008年のミスアメリカで今はフィットネスとダンスを教えているGraziella Baratta、PGAのツアーにも出たことのあるプロゴルファー数名など、有名人先生をかなり集めている。

このサイトは、個人の先生と生徒を結びつける点ではシアトルのTeachstreetに似ているが、ヘアースタイリストやフィットネスなどもあるBetterflyのほうが、カバー範囲が広いようだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))