減損現実(Diminished Reality): ビデオの画像からリアルタイムで物を消す編集技術

次の記事

[jp]噂のベンチャーファーム、Y Combinatorの実態に迫る(その2)

こわい? それともクール? ドイツのTechnische Universität Ilmenau(イルメナウ工科大学)の研究チームが開発したこの技術は、その両方だね。彼らが”Diminished Reality”(減損現実)と呼ぶこの技術は、ビデオをリアルタイムで加工できる。拡張現実(Augmented Reality, AR)は現実世界の画像の上に何かを加えるが、この減損現実はビデオの記録から何かを取り去る

まず、取り除くものを指定してそれを見つけさせる。そうするとシステムはそのものの回りにあるものを分析して(上の例ではテーブルの天板)、取り除くものの画像を、回りのものの情報で満たす。

研究者たちによると、この処理に要する時間はほんの数ミリ秒で、ビデオストリームと静的な画像の両方に使える。

この、けっこうよくできたビデオを見ると、もっとよく分かる:

出典: Chip [GER]

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))