30秒で自分のスタートアップを完璧にプレゼンするには?―このテンプレートを使え

次の記事

[jp] 本日19時配信:Ustream Asia×Cerevo 対談「有料視聴でライブ動画はビジネスになるのか」



読者が生まれたてのスタートアップのファウンダーだったとしよう。ある日、Ron Conwayのようなスター・エンジェル投資家の前に出る機会が与えられ、きっかり30秒だけ売り込みができるとなったら、何と言えばよいだろう? 残念ながら、ほとんどの起業家は一つ、二つのセンテンスで簡潔、明快に自分のプロジェクトを説明することができない。一見容易に思えるが、では、どこがそれほど難しいのだろうか。

Founder InstituteAdeo Ressiによると、あらゆる部分が難しいのだという。Ressiによると、たいていの起業家は一行ピッチ〔セールストーク〕に失敗する。すべての起業家が一行で自分のプロジェクトをはっきりと説明できたら、世の中はずいぶん良くなるはずだ。

Ressiは起業家がマイクロピッチを成功させる手助けになるようにと、以下のような簡単なテンプレートを作った。

私の会社(自社名)は、(ターゲットの顧客)(こういう課題)を_(独自の処方)によって解決するために(プロジェクトの名称)を開発しています。

My company, __(insert name of company)__, is developing __(a defined offering)__ to help __(a defined audience)__ __(solve a problem)__ with __(secret sauce)__.

Ressiによると、「起業家はとかく無意味な形容詞を入れたがる。そのわりに、ターゲットの顧客の定義があいまいだ。それによってどんな課題が解決されるのか、そのための独自の処方はあるのかという点のアピールが弱い」という。Ressiはまた訓練を積んだ起業家は、説明が具体てkであり、バズワード〔業界の流行語〕を避け、ターゲットとなるマーケットと顧客を巧みに説明する、という。さらに収入モデルについて簡単に触れることも忘れない。(上のビデオを参照。Ressiがこれらのポイントについてそれぞれ5分以下で説明している)。

起業家がシリコンバレーの有力投資家に売り込みができるチャンスは、あったとしても、ごく短いものになることがほとんどだ。Ressiのテンプレートは未経験な起業家全員に有益だろう。マイクロピッチの準備という実際的な価値もさることながら、もっと長い本格的なプレゼンを構築する際に、このテンプレートを使って自分の事業を見直し、どう表現すべきか考えてみるのにも大いに役立つはずだ。

Founders Instituteについてもっと詳しく知りたい場合はこちらへ。このプログラムに参加したい場合は、サンフラシスコ周辺とヒューストン地区の場合はここから申し込みができる。締切りは11月7日。Founder Instituteでは“Ideation Bootcampというピッチの練習のための無料ワークショップをシアトルで11月10日に、パロアルトでこの金曜日、11月5日にそれぞれ開催する。申し込みはこちらから。

ボーナス映像: エレベーターピッチの練習をさらに現実に即したものにするためにRessiが4人のピッチを2分間でめちゃめちゃにやっつけている(注意:罵り言葉頻出)。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01