Google Instantの入力即検索がiPhoneにも。イイ、でもかなり見にくい

次の記事

Twitter、政治家との連携のためAdam Sharpを採用してワシントンDCにオフィスを開設

2ヵ月前に初めてGoogle Instantを披露した時、Googleは今秋にはモバイル版も出すと明言した。たしかに来た、ベータ版として。

新機能は一部のAndroid機には一週間ほど前現れたが、今日(米国時間11/4)iPhoneにもやってきた。私のiPhoneでgoogle.comを開いたところ、たしかに、検索ボックスと位置表示のすぐ下に「Instant(ベータ)は有効:無効にする」のメッセージがあった。この機能が、モバイルでも((下にアップデートあり))オプトアウトだというのはちょっと面白い。もっとも、回線が遅い時には通常のGoogle検索に戻るのではないかと思っている。自社のブラウザーでもそうしている。

で使い心地は? 通常のウェブブラウザーと似ているが、ちょっと困るのが検索候補のドロップダウンが画面スペースを取りすぎている上にソフトキーボードも出ていること。それでもタイプするにつれて結果は表示されるが、やっと見えるという感じだ(下の画像参照)。

もう一つ少々残念なのが、iPhone版のInstantもgoogle.comだけだということ(これはデスクトップ版でも私の大きな不満だったが、GoogleがChromeのオムニボックスにも実装しようとしている)。iPhoneで検索する時は殆どブラウザー内蔵の検索ボックスを使うのだが、そこにInstantはいない。Googleだってそこに追加したいのは山々だろうが、Appleの承認が必要だ。あまり期待しないことにしよう。

アップデート:Googleが教えてくれた。大部分のユーザーが実はオプトインなのだそうだ。現在オプトアウトのテストを少数のユーザーで行っているところで、私もその中に入っているようだ。記事もそれに沿って修正した。

「かなり見にくい」点については、Googleの広報がこう言っている。

携帯ではデスクトップに比べて画面サイズの制約がずっと大きいので検索候補のレイアウトが異なります。表示する候補の数を減らして検索結果のためのスペースを増やしましたが、ユーザーは検索候補の中からすぐに選べる方を好むことがわかりました。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)