IMDb、新機能を搭載して新たなiPadおよびiPhoneアプリケーションをリリース。映画番組情報対応国も13ヶ国を追加

次の記事

[jp]「有料視聴は年内に間に合わせたい」ーーサプライズも飛び出したUstream Asia×Cerevo対談

AmazonによるIMDb は、今年初めにiPadアプリケーションとしてリリースされている。アプリケーションから150万本もの映画ないしテレビ番組情報にアクセスでき、また数百万ものセレブ、俳優、女優、監督やクルーなどの情報も入手できるようになっている。また予告編や、アメリカ国内における映画番組の放送予定時刻などを調べることもできるようになっていた。このIMDbがこのたび、種々の機能を追加して新たにiPhoneおよびiPadアプリケーションとして生まれ変わった。

まず、新しいアプリケーションでは映画番組情報を入手できる国が増えている。追加された国はイギリス、カナダ、オーストラリア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、メキシコ、ニュージーランド、アルゼンチン、およびチリの13ヶ国だ。またアプリケーションから映画のレーティング投稿もできるようになっている。

ホーム画面も改良され、最新の予告編を確認することができ、また数百ものメディアから収集した映画関連の最新ニュースも表示されるようになっている。またProアカウントも登場し、サービスをログインして利用できるようにもなった。このProアカウントを使うとエンタテインメント業界の連絡先を表示させることもできるようになっている。またアプリケーション内から電話をかけることもできる(iPhoneアプリケーションの場合)。またIMDbをさまざまな場面で利用してもらうために「everywhere」戦略を採用しており、この一環としてFacebookアカウントでIMDbにアクセスすることができるようになっている。ログインするとTwitterやFacebookでアプリケーション内の情報を共有できるようになる。

IMDbアプリケーションは既に多くの利用者を獲得している。したがって今回の新版の投入により爆発的に利用者が増えるということはないだろう。これまでにアプリケーションのダウンロード数は数百万にも及び、また毎月百万回近くのダウンロード数を記録しているとのこと。尚サイトの方も、20周年および6月にリリースされたAndroidアプリケーションを記念して全面リニューアルを行っている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)