Allrecipes、キッチンで使えるiPadアプリケーション版インタラクティブ・クックブックをリリース

次の記事

Android向けEvernote 2.0―アップデートで大幅改良

5人に1人がキッチンにコンピュータを持ち込んでレシピを参照しているという事実をご存知だろうか。最近登場したiPadがますますこの流れに拍車をかけている。ブラウザベースであれアプリケーションを利用する場合であれ、iPadは読みやすく便利なポータブルクックブックとして利用されている(iPhoneやAndroid携帯でアクセスするよりもはるかにレシピが読みやすい)。画面保護シートを貼っておけば料理の際の飛び跳ねなどにも対応できる。こうしたレシピ用途に供するため、Allrecipesが無料のiPadアプリケーションを発表した。料理をする人なら絶対にダウンロードしておくべきアプリケーションと言えるだろう。

レシピは材料、調理方法、および調理時間などで検索することができる。また、菜食主義者向け、乳製品を使わないもの、減塩料理、無グルテン食などの制約条件による検索にも対応している。さらに検索条件を保存しておいたり、旬な料理レシピの一覧などを閲覧することもできる(サンクスギビング用の料理など)。

そしてまた特記しておくべきは「cook mode」の存在だろう。現在の調理段階をステップバイステップで示してくれるし、材料リストの閲覧にも便利で、さらにはキッチンタイマー機能も持っている。また「cook mode」利用時には「ナックルモード」になり、スワイプ動作を料理で汚れた指先ではなくこぶしで行えるようになる。

アプリケーションにはPro版も用意されている(値段は$4.99)。Pro版にはショッピングリストの作成および共有機能があり、またAllrecipes.comのRecipe Boxと同期できる等の機能が備わっている。

Allrecipesはこれまでにもイノベーティブな料理用アプリケーションを発表してきている。同社のリリースしたDinner Spinnerアプリケーションは、これまでに480万回もダウンロードされている。またウェブサイトには日々120万のユニークビジターが訪問しているそうだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)]