これはすごい, iPadがTVにつなぐゲーム機になってiPhoneがそのコントローラになる

次の記事

Google TVのプロマネにその将来を聞く, それはGoogleの長期計画の一部, あせる必要はない

数週間前にBig Bucket Softwareが、同社の優れたiPhone/iPadゲームThe Incidentの新バージョンをリリースした。そのバージョン1.2では、ゲームを大画面のiPadに映しながら、それをiPhoneという名のワイヤレスコントローラで制御できるのだ。それを最初にやってみたときは、頭の中がぼーっとなった。7歳のときに初めてNintendoで遊んだが、そのときのような気分だ(レトロな8ビットのグラフィクスのせいもある)。そして次のバージョン1.3では、The Incidentはまた飛躍する。テレビにつなげるのだ。

今度の新しいApple TVはゲーム(やそのほかのアプリケーション)をリビングルームに持ち込むためのAppleのゲートウェイだ、と騒がれているが、実はiPadをテレビにつなぐことは今でもできるのだ。問題は、今のところそれは、メディアコンテンツ(ムービーや音楽)だけであること。ゲームを映せたとしても、ゲームを操作するためのリモコンがない。しかしThe Incidentは、iPhone(やiPod touch)とiPadの対話を利用することによって、その問題をすでに解決している。両者の同期は、驚くほどシンプルだし、十分に使えるほど正確だ。実際にテレビでそれをやったら、すごいだろうな。

そのゲームアプリケーションをテレビでどうやって遊ぶのか、詳細はまだよく分からない。デベロッパのMatt Comiはブログで、iPadをテレビにつなぐだけだ、としか言ってない。しかし彼の同僚のデベロッパNeven Mrganの話では、グラフィクスのアスペクトレシオをHDTVの16×9に広げたようだ。

チームは、その新バージョンをできるだけ早く出すと確約している。iPhoneでiPadをコントロールする今のバージョン1.2は、ここで試せる。お値段は1ドル99セントだが、その価値は十分にある。

そのことを、下のビデオで確かめていただこう。

アップデート: Chopper 2にもこの機能がある。

アップデート2: The Incidentをテレビでプレーするとこうなるだろう:

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))